菓子・ドリンク

アサヒ飲料、「モンスターエナジー」ブランドから「モンスターエナジー M3 缶160ml」を発売

2019.04.09 10:23 更新

 アサヒ飲料は、「モンスターエナジー」ブランドから「モンスターエナジー M3 缶160ml」を4月23日から発売する。

 「モンスターエナジー M3」は、2014年7月から150ml入り瓶容器にて発売している商品とのこと。定番商品「モンスターエナジー 缶355ml」に匹敵するエナジー成分と飲みきりサイズであることが、忙しい朝のエナジー補給飲料として、好評を得ているという。

 今回、さらに多くの消費者に飲用されるよう、中味はそのままに、自動販売機限定商品として160ml入り缶容器で発売する。

 中味は、ビタミンB群、アルギニン、カルニチン、高麗人参エキスなどのエナジー成分とカフェインを配合し、刺激的ながらもすっきり飲みやすい味わいが特長だ。

 「モンスターエナジー」ブランドは、2002年にアメリカで発売され、現在アメリカをはじめ北米、南米、欧州、豪州、アジアなど世界155ヵ所の国・地域(2018年12月末時点)で販売されている。ブランド力とファッション性で世界中の若者からの圧倒的な支持を背景に、急成長しているエナジードリンクとなっている。

 日本国内では、アサヒ飲料が2012年5月から、Monster Beverage Corporation<モンスタービバレッジコーポレーション>から、同社が製造販売するエナジードリンク「モンスターエナジー」ブランドの独占販売権を取得し、販売を開始した。

 エナジードリンク市場は、「モンスターエナジー」などの海外ブランドの浸透によって、最近では10代、20代が「炭酸の刺激を楽しみたい」や「気分転換」を目的に飲用する傾向にあり、新たなライフスタイルが定着したことによって拡大傾向にある市場だという。

 その中で「モンスターエナジー」は、エクストリームスポーツ、音楽イベント、ゲームイベントへの協賛や全国各地でのサンプリング活動などブランド認知度の拡大を目的とした取り組みや様々な飲用ニーズにあった商品提案によって、2014年6月から2019年2月まで57ヵ月連続で販売数量が前年同月実績を超えており、2018年の年間販売数量は前年比129%とエナジードリンク市場を牽引した。

[小売価格]190円(税別)
[発売日]4月23日(火)

アサヒ飲料=https://www.asahiinryo.co.jp/


このページの先頭へ