菓子・ドリンク

雪印ビーンスターク、赤ちゃんのための水分補給飲料「ビーンスタークポカリスエット」シリーズを刷新

2019.03.28 16:00 更新

 雪印メグミルクグループの雪印ビーンスタークは、ベビー飲料「ビーンスタークポカリスエット」シリーズを、3月から順次リニューアル発売する。

 乳児や幼児は、大人より新陳代謝が活発で体温が高いのが特徴だ。しかし大人と比べて、汗腺の発達が未熟なため、うまく体温調節をすることができないという。炎天下の車の中など、周囲の温度が体温よりも高くなる場所では、短時間で体温が上昇し、生命に危険が及ぶ。また、晴れた日には地面に近い程気温が高くなるため、子どもや赤ちゃんは大人以上に暑い環境にいるという。

 人間の身体の半分以上は水分が占めており、年齢によっても体内の水分量が大きく異なる。大人では約60%(高齢になると約55%)に対し、赤ちゃんは約80%と水分比率が高く、さらに汗っかきで水分の消費が激しいため、熱中症の危険性も高く、水分補給に気を付ける必要があるという。

 「ビーンスタークポカリスエット」はポカリスエットとは異なり、赤ちゃんの体液と同じ浸透圧(285mOsm)になっているため、からだに負担をかけずに水分補給をすることができるとのこと。なお、大人用ポカリスエットを薄めても「ビーンスタークポカリスエット」にはならないという。

[小売価格]
ビーンスターク ポカリスエット瓶 120ml:150円
ビーンスターク ポカリスエット瓶 120ml 4本パック:600円
ビーンスターク ポカリスエットペットボトル 500ml:180円
ビーンスターク ポカリスエット粉末タイプ 1箱(3.1g×8本パック):240円
(すべて税別)
[発売日]3月から順次

雪印ビーンスターク=https://www.beanstalksnow.co.jp/


このページの先頭へ