菓子・ドリンク

梅屋、ノーベル製菓との共同開発商品のカップデザート「男梅ゼリー」を発売

2019.03.27 16:36 更新

 丸大食品グループの梅屋は、4月1日から、カップデザート「男梅ゼリー」を発売する。同品は、ノーベル製菓のブランド「男梅」との共同開発商品となる。

 「男梅ゼリー」は、紀州南高梅の梅干しがまるまる1粒入った、本格的な梅干し味が楽しめる梅ゼリーとのこと。ゼリーの甘さと、梅干しの塩味・酸味が絶妙にマッチし、暑い夏の体のメンテナンスにぴったりの一品となっている。

 梅干しは、梅の生産量日本一を誇る和歌山県の紀州南高梅の「しそ漬梅」をまるまる一粒使用しているとのこと。ゼリーに、和歌山県産の梅エキスと南高梅梅干しエキスを配合しさわやかな香りと本格的な梅干し味が味わえるよう甘しょっぱく仕上げている。

[発売日]4月1日(月)

丸大食品=http://www.marudai.jp/


このページの先頭へ