菓子・ドリンク

日本ルナ、生きて腸まで届く植物性乳酸菌×食物繊維が入った「ときめきカフェ もち麦ホワイトスムージー」など発売

2019.03.25 12:02 更新

 ニッポンハムグループの日本ルナは、3月25日にときめきカフェシリーズから「ときめきカフェ もち麦ホワイトスムージー」「ときめきカフェ オレンジスムージー」の計2品を発売する。

 ときめきカフェのスムージーは、新商品を含めて計4種類あり、全てにイヌリンを使用している。イヌリンとは、キク科の多年草であるチコリの根から抽出される食物繊維とのこと。また、消費者がスムージーに求める栄養素は何か調査(2017年6月同社によるWEB調査において(n=500))をしたところ、「食物繊維」「ビタミンC」という声が多数寄せられたという。その声を受けスムージー全商品に食物繊維(イヌリン)を配合し、さらに今話題のもち麦を配合した「もち麦ホワイトスムージー」と、1日分のビタミンCを配合した「オレンジスムージー」の2品を開発した。

 「ときめきカフェ もち麦ホワイトスムージー」は、植物性乳酸菌HSK201を使用。食事1回分の食物繊維6g以上(日本人の食事摂取基準(2015年版)から、成人女性1日当たりの食物繊維摂取目標量18g以上から、1日3回の食事として算出している)/本を配合している。乳酸菌の働きをサポートするフラクトオリゴ糖入り。もち麦(大麦の一種でもちもちした食感と水溶性食物繊維を豊富に含んでいることから、今注目されている)を入れることで、もちもちした食感をプラスした。

 「ときめきカフェ オレンジスムージー」は、植物性乳酸菌HSK201を使用。食事1回分の食物繊維6g以上/本を配合した。1日分のビタミンC((日本人の食事摂取基準(2015年版)から、成人女性の1日当たりビタミンC摂取推奨量100㎎))を配合している。オレンジをベースに飲みやすい味に仕上げた。

[小売価格]各170円(税別)
[発売日]3月25日(月)

日本ルナ=http://www.nipponluna.co.jp/


このページの先頭へ