菓子・ドリンク

ゴディバ、WEBメッセージサービス"あなたの声に、魔法をかける。バレンタイン ボイスカード"を提供、アンケート調査で恋愛における「声」の重要性が明らかに

2019.02.07 18:05 更新

 ベルギーの高級チョコレートブランド、ゴディバを輸入販売するゴディバジャパンは、気持ちを伝える喜びをもっと多くの人に楽しんで欲しいという想いのもと、バレンタインデーに大切な人に気持ちを伝える人の背中を押すべく、「大好き」の「声」をオリジナルアートにして贈れる新しい形のWEBメッセージサービス“あなたの声に、魔法をかける。バレンタイン ボイスカード”を2月1日から20日まで提供する。また、バレンタインを機に「気持ちの伝え方」と「声」に関するアンケート調査を実施。この結果、恋愛において、心からの感情が表れる「声」の重要性が明らかになった。

 ゴディバジャパンでは、バレンタインに気持ちを伝える喜びをもっと多くの人に楽しんでほしい、そしてバレンタインデーをもっと好きになってほしいという想いのもと、毎年様々なキャンペーンを展開している。今年は、「大切」や「大好き」といった心からの気持ちを表現する手段として「声」に注目した。「声」には様々な情報が含まれていて、本当の感情が表れやすいといわれている。ぜひ、素直な気持ちを「声」に込めて大切な人に伝えてほしいと考え、WEBメッセージサービス“あなたの声に、魔法をかける。バレンタイン ボイスカード”を開発したとのこと。

 “あなたの声に、魔法をかける。バレンタイン ボイスカード”は、スマホで「◯◯(相手の名前)さん、大好き」の「声」を録音すると、5つの感情指標「冷静さ」「情熱」「安らぎ」「楽しさ」「元気度」と、2つの音声指標である「声域」「声量」で音声を解析し、解析結果に応じてサウンド・フォント・カラー・グラフィックを組み合わせたアートムービーが生成されるWEBサービス。組み合わせは約6000通り。相手の名前が入ることで、世界にひとつだけのムービーが生成されるという。

 生成後は、SNSを通じて、「大好き」を伝えたい相手に自分だけのオリジナルアートムービーをプレゼントできるだけでなく、音声解析によって、自分が「◯◯(相手の名前)さん、大好き」と言った本当のキモチがわかるかもしれないとのこと。今年のバレンタインは、大切な人に、「大好き」を込めた「声」とゴディバのチョコレートを贈ってみては。

 なお、今回ゴディバが実施したアンケート調査によると、今年のバレンタインに大切な人に気持ちを伝えたいと思っている未婚女性は55.8%、既婚女性は76.0%、全体で65.9%だった。伝える相手は、未婚女性であれば「恋人」、既婚女性であれば「配偶者」が最も多く、次いで「両親」、「同性の友人」という結果になった。一方で、未婚女性で「片想いの相手」に気持ちを伝える人はわずか2.9%。バレンタインデーは恋愛の相手に限らず、家族や友人など、周囲の大切な人に気持ちを伝える日と捉えられているようだ。

 普段、大切な人に気持ちを伝える手段としては、恋愛の相手・パートナーや家族に対しては「直接会って伝える」が最も多く、友人に対しては「メールなどのテキストメッセージ」が最も多いという結果となった。「プレゼントなどの物を介して」気持ちを伝える人も多く、手段としては「直接会って」「メールなど」に次ぐ結果だった。一方、「電話」は少数派で、様々な伝え方・ツールが存在する中、「声」をメインの伝達手段として選ぶことは少ないようだ。

 以前に比べて「声」に出して気持ちを伝えることが減ったと感じている人は、全体で56.1%だった。ここでも、気持ちの伝達手段として「声」の重要度が下がっていることがうかがえる。

 気持ちを伝える手段として「声」の重要度が低下傾向を見せる一方で、恋愛の相手を魅力的だと感じる要素としては、「性格」「外見」に次いで、46.2%の人が「声」を挙げていた。また、66.8%の人が、「恋愛において『声』は重要な要素」だと回答した。

 さらに、相手の「声」を魅力に感じたことで恋に落ちたことがある人は32.9%で、3人に1人が「声」がきっかけの恋を経験したことがあるようだ。

 異性の「声」で魅力的に感じるのは、男女ともに異性の「楽しそうな声」「自然体な声」に魅力を感じるという結果になった。次いで、男性は女性の「元気な声」、女性は男性の「低い声」を好むことがわかった。

 女性が「声」に魅力を感じる男性有名人は、1位「玉木宏さん」(理由:やや低めで色っぽい、聞きやすい、落ち着きがあるなど)、2位「高橋一生さん」(理由:低くて落ち着いている、優しい声など)、3位「竹野内豊さん」(理由:渋い、安定感がある、重低音がいいなど)という結果に。どうやら女性は「低い声」に惹かれる傾向があるようだ。

 一方、男性が「声」に魅力を感じる女性有名人は、1位「新垣結衣さん」(理由:女の子らしくて可愛い、外見と声が合っているなど)、2位「石原さとみさん」(理由:艶がある、色気があるなど)、3位「綾瀬はるかさん」(理由:明るい、癒されるなど)となった。「外見や雰囲気とマッチした声」というのがポイントなのかもしれない。

 自分の「声」が好き、気に入っている人は23.6%で、自分の「声」があまり好きでない人の方が圧倒的に多いようだ。一方、自分の「声」が好きと回答した人がこれまでに告白された回数は平均7.6回で、そうでない人の平均4.5回の約1.7倍ということがわかった。やはり「声」と「恋愛」は深く関わっているようだ。

 気持ちを伝えてもらう手段として、文字よりも直接「声」に出してもらうほうが嬉しい人は81.7%、また、相手が誰であっても「大好き」と伝えられることは嬉しい人は80.1%。受け取る側としては、「声」に出して素直な気持ちを伝えられたいと思いながら、自分から伝えるとなると、恥ずかしくてできない人が多数であることが浮き彫りになった。

 今回のアンケート調査によって、大切な人に「声」に出して気持ちを伝える重要性がわかったが、それでも恥ずかしくてなかなか「声」に出して伝えられないという人は、WEBメッセージサービス“あなたの声に、魔法をかける。バレンタイン ボイスカード”を活用して、大切な人に気持ちを贈ってみるのもよいかもしれない。

 同サービスでは、声に含まれる感情を、数万人分の音声データを元に、ピッチ、パワー、スピードといった音声の物理的な特徴量をインプットし機械学習を行うことで、感情の確度を「冷静さ」「情熱」「安らぎ」「楽しさ」「元気度」という5つの感情値として0~100で判定。さらに、それに加えて、「声域」「声量」も加えた7つの指標でゴディバ独自に解析するシステムを開発したという。その解析結果に応じて、サウンド・フォント・カラー・グラフィックを組み合わせて生成される組み合わせは約6000通り。相手の名前が入ることで、世界にひとつだけのムービーが生成される仕組みとなっている。また、自分の声の分析結果に応じて、20種類のゴディバチョコレートの中からおすすめ商品を提案する。自分の「大好き」と一緒に、ぜひ大切な人に贈ってほしいとしている。

[「気持ちの伝え方」に関する調査概要]
調査対象:20~30代の男女(各208名、計416名)
調査方法:インターネット調査
調査期間:1月12日(土)~14日(月)

ゴディバジャパン=https://www.godiva.co.jp/
“あなたの声に、魔法をかける。バレンタイン ボイスカード”特設ページ=https://godiva-voicecard.jp/
サンプルムービー=https://youtu.be/CoRRUKXdXAM


このページの先頭へ