菓子・ドリンク

キリンビバレッジ、「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」を発売

2019.02.06 17:25 更新

 キリンビバレッジは、紅茶飲料のNo.1ブランド(食品マーケティング研究所調べ(2017年実績))「キリン 午後の紅茶」から「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」を2月12日に発売する。また、同日に江崎グリコは、チョコレートスナック菓子ブランド「ポッキー」から「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」を新発売する。

 今回両社から発売する商品は、食べ合わせ企画やつながるパッケージデザインなどで好評を得ているコラボレーション企画第5弾となっている。「午後の紅茶」と「ポッキー」両ブランドから、平成の30年間に感謝を込めて、平成最後のスペシャルなコラボレーションを届けるとのこと。

 「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」は、濃厚なチーズテイストとミルクのコクが心地良いおいしさのチーズミルクティーとなっている。「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」と食べ合わせると、平成の流行スイーツ!?ティラミスのような味わい!?が楽しめるのだとか。「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」の中味開発のヒントとなったチーズティーは、昨年夏に「午後の紅茶」コンセプトショップ「Milk.Black.Lemon.By GOGO NO KOCHA」でも発売し、大きな話題になった。

 パッケージは、懐かしい平成の青春を思い出して楽しめるデザインで、平成の青春を3つの年代に分けて展開する。思わず「午後の紅茶」と「ポッキー」をつなげて組み合わせてみたくなるバリエーションとなっている。

 「午後の紅茶」はこれからも“上質な休息”をもたらすブランドとして、新たな魅力やおいしさ、飲用シーンを提案することで、シーンや場所を選ばず飲める、消費者の生活に欠かせない飲料となることを目指す考え。

 「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」中味については、濃厚なチーズテイストとミルクのコクが心地良いおいしさとのこと。「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」パッケージについては、懐かしい平成の青春を、平成元年~9年、平成10年代、平成20年代の3つの年代に分けたパッケージデザインとなっている。裏表合計8種類のデザインで展開し、思わず組み合わせてみたくなるバリエーションとのこと。「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」と合わせて、さまざまな組み合わせを楽しめる。

 コミュニケーションについては、発売前から両社のオウンドメディアを活用し、平成最後のコラボレーション商品の話題喚起をしていく考え。

[小売価格]143円(税別)
[発売日]2月12日(火)

キリンビバレッジ=https://www.kirin.co.jp/products/softdrink/


このページの先頭へ