菓子・ドリンク

J&J、新感覚タブレット「リステリン ウォータリータブレット」(清涼菓子)を発売

2019.02.14 18:12 更新

 ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマーカンパニーは、マウスウォッシュのパイオニア「リステリン」史上初となる、水を使わずに噛み砕くだけで口をリフレッシュできる新感覚タブレット「リステリンウォータリータブレット」(清涼菓子)を、3月18日から発売する。

 1985年に日本での販売を開始した「リステリン」シリーズは、様々な口の悩みを解決する、幅広いラインアップを取り揃えたマウスウォッシュとして好評を得てきたという。通常のマウスウォッシュは洗面所などの水の使える場所での使用を前提としていたため、ここぞという大事なときにもかかわらず、口の状態が気になる場合など使用しづらいシーンもあった。

 そこで今回、大切な人と会う前や外出先での飲食の後など、水でゆすぐことのできない場面でも速攻で口内をリフレッシュし、今までのマウスウォッシュでは難しかった、時間や場所に縛られることのない新しいオーラルケアスタイルを提案する新製品を発売する。

 新製品の「リステリンウォータリータブレット」は、ゆっくり噛み砕くだけで口の中にミント味の潤いがあふれるような感覚を味わうことができる新感覚タブレット。液体のリステリン同様のエッセンシャルオイルが配合されたこのタブレットは、噛み砕くだけで口がウォータリングし、まるで口をゆすいだ後のような爽快感が一気に広がり、きれいな息が4時間持続(出典:JNJ調べ(2018年)製品を使用したグループと何も使用していないグループの息を3名の官能調査員によって、4時間後まで測定。結果製品を利用したグループが統計的有意差できれいない気が4時間まで続くことを確認した(調査対象者:平均47歳の79名の男女))する。そのまま飲み込むことができるため、水で口をゆすぐ必要はないとのこと。また、手のひらサイズのポータブルパッケージのため持ち運びにも便利で、いつでもどこでも簡単に自信の持てる口内環境が手に入るという。

 また同製品の発売に先駆けて、2月18日から、「リステリントータルケアプラス」1000mLタイプ一本の購入につき一粒の「リステリンウォータリータブレット」を試せる、限定パッケージも用意する。新しいオーラルケアスタイルをいち早く体験できるとのこと。

 これまでもリステリンは、口のあらゆるトラブルを解決するトータルオーラルヘルスケアブランドとして、様々なラインアップを用意してきた。さらに今回リステリンは、「リステリンウォータリータブレット」を発売することで、時間や場所の制限のない、自由で新しいオーラルケアの形を提案する。今後も、口にまつわる様々な悩みから消費者を守るため、様々なニーズに合わせたオーラルケアの機会を提供するとしている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月18日(月)

ジョンソン・エンド・ジョンソン=https://www.jnj.co.jp/


このページの先頭へ