菓子・ドリンク

亀田製菓、砕いた柿の種とピーナッツを一口サイズに固めた「50g 亀田の柿の種 タネザック のり塩」を発売

2018.11.09 15:21 更新

 亀田製菓は、「50g 亀田の柿の種 タネザック のり塩」(以下、「亀田の柿の種 タネザック のり塩」)を、12月4日から全国のコンビニエンスストアで発売する。

 米菓売上No.1(インテージSRI調べ せんべい/あられ 2017年10月~2018年9月累計販売金額(亀田の柿の種ブランド計))の「亀田の柿の種」ブランドは、トレンドや季節に合わせた味の展開、食シーンやターゲットの拡大を図る取り組みを継続して行い、その市場規模は伸長を続けている。9月から発売を開始した「亀田の柿の種 タネザック」において、今までの柿の種とは一味も二味も違うニュースタイル柿の種を提案し、20代~40代男性を中心にたくさんの消費者に好評を得ているという。

 そしてこのたび、「亀田の柿の種 タネザック」シリーズ初の“のり塩”フレーバーを発売するとのこと。

 「亀田の柿の種 タネザック のり塩」は、香りの強さが特長の青のりと、風味の強さが特長のあおさを独自の配合でブレンドした、風味豊かな“のり塩”味となっている。「亀田の柿の種」ならではの“のり塩”味を楽しめるように、味付けに醤油だれを使用。“のり塩”のおいしさに醤油のコクが加わり、ピーナッツとも相性抜群だとか。

 「亀田の柿の種 タネザック」シリーズは、ザクッと砕ける食感が特長とのこと。柿の種とピーナッツを砕いて固めたことで、今までの柿の種とは全く違うザクッと砕ける新しい食感が生まれた。砕いた柿の種とピーナッツを“のり塩”フレーバーで味付けし、ベストバランスで一口サイズの形状に固めているので、手や周りを汚さず食べやすいことも特長となっている。また、カップ容器を採用し、手に取りやすく、持ち運びしやすい形状を実現した。進化した「亀田の柿の種」の新しい美味しさをぜひ楽しんでほしいという。

[小売価格]138円前後(税別)
[発売日]12月4日(火)

亀田製菓=https://www.kamedaseika.co.jp/


このページの先頭へ