菓子・ドリンク

サッポロ、サッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の冬缶」を中国・四国エリアで数量限定発売

2018.10.11 10:07 更新

 サッポロビールは、サッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の冬缶」を11月27日から数量限定で中国・四国エリア(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県)で販売する。

 この商品は、今年7月に発売して好評を得たサッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の夏缶」に続く、四季折々の宮島をモチーフにした季節シリーズ缶の第2弾。太陽に照らされ金色に反射した雪が、日本三景の一つで世界文化遺産の「厳島神社」の真っ赤な鳥居に優しく降り積もるデザインとなっている。また、7月に発生した西日本豪雨災害の復興に役立ててもらうため、被災地へ同商品の売上1本につき1円を寄付する。

 同社は、中国・四国エリアのビール好きの人々はもちろん、同エリアを訪れる観光客の人々にも「世界文化遺産を有する島・宮島」の魅力をより一層知ってもらうための取り組みを続けていく考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月27日(火)

サッポロビール=http://www.sapporobeer.jp/


このページの先頭へ