菓子・ドリンク

ムンディファーマ、「イソジンのど飴」の発売を記念して横浜F・マリノスとのコラボイベントを開催、購入者に横浜F・マリノスの特別選手カードをプレゼント

2018.10.09 19:45 更新

 総合感染対策ブランド「イソジン」を含む医薬品の研究・開発および製造・販売を行うムンディファーマは、新商品「イソジンのど飴」の発売を記念して、オフィシャル・ヘルスケアプロダクト・パートナーであるサッカーJ1クラブ 横浜F・マリノスとコラボしたプロモーションイベントを、10月5日にFit Care Express DSM新横浜別館店で開催した。

 ムンディファーマでは、イソジンブランドとしては初となる「イソジンのど飴」を、9月から世界に先駆けて日本で販売開始している。「今までイソジンブランドでは、のどの感染対策に向けた商品として、うがい薬をメインに展開してきたが、薬局やドラッグストアに売り場が限られていた。そこで今回、コンビニやスーパーにも売り場を広げ、消費者とイソジンブランドとの接点をさらに増やすべく、誰でも気軽に手に取れる『イソジンのど飴』を発売した」(ムンディファーマ広報担当者)という。

 「イソジンのど飴」は、のどにやさしい成分の亜鉛とヘスペリジンを独自配合した、のどを総合的にサポートする新しいのど飴。気温が低くなり、空気が乾燥して、感染症の原因となるウイルスや細菌が感染しやすくなるこれからのシーズンに、のどの潤いを保ち、乾燥を防ぐのにぴったりの商品となっている。また、おいしさにもこだわっており、幅広い年代に親しみのある「フレッシュレモン」、「はちみつ金柑」、「ペパーミント」の3種類のフレーバーをラインアップしている。

 今回、この「イソジンのど飴」の発売を記念して、横浜F・マリノスとコラボしたプロモーションイベントを開催。イベントでは、Fit Care Express DSM新横浜別館店の協力のもと、同店で「イソジンのど飴」を1袋購入した人に、横浜F・マリノスの特別選手カードをもれなく1枚プレゼントした。さらに、横浜F・マリノスのウィンターグッズが当たる抽選くじも実施した。当日は、日産スタジアムで横浜F・マリノスの試合が行われることもあって、イベント開始直後からサポーターを中心に多くの人が会場を訪れ、「イソジンのど飴」を手に取っていた。

 「当社は、2017年から横浜F・マリノスとオフィシャル・ヘルスケアプロダクト・パートナー契約を締結し、選手の体調管理を様々な形でサポートしている。その中で、うがい薬だけでなく、もっと手軽で、のどを守ることができるものを提供したいと考えており、このことも『イソジンのど飴』の開発のきっかけになった。今回のイベントを通じて、サポーターを含めて幅広い消費者に、『イソジンのど飴』を知ってもらえたらうれしい。そして、のどの調子が気になる時に、ぜひおいしい一粒をなめてほしい」(ムンディファーマ広報担当者)と、横浜F・マリノスとのコラボイベントで「イソジンのど飴」の認知がさらに広がることに期待を寄せていた。

[小売価格]300円(税別)
[発売中]

ムンディファーマ=http://mundipharma.co.jp/
イソジン ブランドサイト=https://www.isodine.jp/

 


このページの先頭へ