菓子・ドリンク

合同酒精、仏ワインの単一ブドウ品種シリーズから「モメサン ピノ・ノワール」と「モメサン ヴィオニエ」を発売

2018.08.08 15:25 更新

 オエノングループの合同酒精は、仏ワインの老舗ブランド「モメサン」の単一ブドウ品種シリーズに、「モメサン ピノ・ノワール」「モメサン ヴィオニエ」を追加し、8月28日から発売する。

 仏ワインの「モメサン」は、150年を超える歴史がある老舗ブランドとのこと。「モメサン」の誇りは、歴史の長さだけではなく、伝統に培われたワインのクオリティ。ブドウ畑からボトリングまで一貫して管理することによって、毎年高品質のワインを造りだし、多くの専門家達から高い評価を得ている。

 「モメサン ピノ・ノワール」は、ピノ・ノワールを100%使用し、明るいチェリーレッドの色合いと、華やかなアロマが特長のワインとのこと。タンニンはなめらかで、そのフルーティーな味わいは、ピザやバーベキューなどと相性よく楽しめる。

 「モメサン ヴィオニエ」は、ヴィオニエを100%使用し、輝きのある淡い黄色と、ドライアプリコットやレモンパイのような香りが特長のワインだとか。フルーティーさと酸味のバランスが絶妙で、食前酒として、または、テリーヌやサラダなどの前菜と合わせて楽しめる。

 現在、「モメサン」の単一ブドウ品種シリーズは、「メルロー」「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シャルドネ」のラインアップで展開し、それぞれのブドウの味わいが楽しめるカジュアルなワインとして、多くの人々から好評を得ているとのこと。

 今回、「モメサン」の単一ブドウ品種シリーズに、「ピノ・ノワール」「ヴィオニエ」の品種の味わいが楽しめる「モメサン ピノ・ノワール」「モメサン ヴィオニエ」を追加することで、特長のあるカジュアルなワインを楽しみたい消費者のニーズに応えるとしている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]8月28日(火)

オエノングループ=http://www.oenon.jp


このページの先頭へ