菓子・ドリンク

大関、特別純米酒「大関 灘の生一本(2018灘酒研究会)720ml瓶詰」を発売

2018.08.08 21:24 更新

 大関は、特別純米酒「灘の生一本(2018灘酒研究会)720ml瓶詰」を9月11日から発売する。

 2011年度から発売を開始し、好評を得ている統一ブランド商品「灘の生一本」(純米酒)を、今年度は灘五郷酒造組合員(27社)のうち、10社(大関・白鶴・菊正宗・沢の鶴・白鹿・日本盛・剣菱・櫻正宗・道灌・浜福鶴 順不同)の蔵元から、9月11日に一斉発売する。「灘の生一本」ブランドは、灘五郷の醸造技術者(灘酒研究会)が英知を結集し、発売各社の特長を生かした商品で灘酒の新たな魅力を作り出し「酒どころ灘」を元気に盛り上げる考え。

 今年度も、すべての商品が回収されたガラス瓶からできる再生ガラスを90%以上使用した環境にやさしいエコロジーボトルを採用している。

 「大関 灘の生一本」は、大関独自育成米「いにしえの舞」を100%使用し、適度な甘みと酸味が調和した特別純米酒。おだやかな香りと、なめらかでふくらみのある豊かな味わいが特長となっている。

 「いにしえの舞」とは、山田錦の系統である兵庫夢錦の特長を受け継いでいるとのこと。兵庫県穴粟市山崎町を中心に、契約農家で限定栽培した米となっている。

[小売価格]1264円(税込)
[発売日]9月11日(火)

大関=https://www.ozeki.co.jp


このページの先頭へ