菓子・ドリンク

メルシャン、「フロンテラ プレミアム」シリーズから「フロンテラ プレミアム スパークリング」(2種)を発売

2018.07.10 20:50 更新

 メルシャンは、チリNo.1ワイナリー、コンチャ・イ・トロ社の「フロンテラ プレミアム」シリーズから、「フロンテラ プレミアム スパークリング」(2種)を9月25日に発売する。

 国内における昨年の輸入スパークリングワイン市場は8年連続で拡大しており、中でもチリのスパークリングワインは、2007年以来10年間で約35倍に拡大(財務省関税局調べ)している。

 同社調査では、スパークリングワインに対して「おしゃれな気分を味わえる」「贅沢な気分になる」「食事と一緒に楽しめる」という声が多くあげられている。また、「手頃な価格」「おいしい」などの理由で、自宅でのスパークリングワインの飲用回数が昨年に比べて増加していることが分かった。飲用シーンにおいては、季節のイベントや記念日だけでなく、日常生活で少し気分の良い日に気軽に飲用する人が増えているという。

 さらに「フロンテラ」ブランドは今年1~6月累計で3割増と大きく伸長している。同社は、「手頃な価格のおいしいスパークリングワインで、贅沢でおしゃれな気分を楽しみたい」という消費者のニーズに応えるべく、好調な「フロンテラ」ブランドから、スパークリングワインの新商品を発売し、消費者の飲用機会とワイン市場のさらなる拡大を図る考え。

 「フロンテラ プレミアム」シリーズは、チリNo.1ワイナリー、コンチャ・イ・トロ社が、ブドウの収穫方法や醸造方法にこだわって造った、ワンランク上の「フロンテラ プレミアム」となっている。

 スパークリングは、優れた畑から主に手摘みされたブドウで醸造されているとのこと。シャルドネを主体とし、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のフルーツや、ミントなどの爽やかなアロマが感じられる、すっきりとした辛口の味わいだという。

 スパークリング・ロゼは、優れた畑から主に手摘みされたブドウで醸造されているとのこと。シラーズを主体とし、チェリーや赤い果実、ハーブのアロマと生き生きとした酸との、バランスのとれた辛口の味わいとなっている。

 パッケージについては、「フロンテラ プレミアム」シリーズの統一した黒色を基調としたラベルに、ボトルネックの部分に「フロンテラ」ブランドの象徴である「羅針盤」のマークを配した。また、アンデス山脈のデザインやロゴをシルバーで表現し、高級感や品質感のあるデザインに仕上げている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月25日(火)

メルシャン=http://www.kirin.co.jp/products/wine/


このページの先頭へ