菓子・ドリンク

森永乳業、宅配専用商品「ビースリー スマートヨーグルト」を発売

2018.06.13 11:16 更新

 森永乳業は、宅配専用新商品「ビースリー スマートヨーグルト」を、7月3日から発売する。

 宅配市場は、進展する高齢化、買い物困難者や共働き世帯の増加などに伴い関心が高まっている。森永乳業の宅配では、健康志向の高まりから、継続摂取してもらいたい“ビフィズス菌BB536”や“シールド乳酸菌 ”、“ラクトフェリン”などを配合した付加価値の高いミルクやヨーグルトなど、100種類以上の商品を販売しており、主に50~80代の方を中心に好評を得ているという。

 近年、腸内フローラと健康に関する研究報告が多数発表され、腸とからだの健康の関連性が注目されている。人間の腸内には数百種類、百兆個以上もの細菌が棲んでいるが、その中でもビフィズス菌は健康のために働く善玉菌の代表格で、大腸内の悪玉菌の増加を抑え、腸内の環境を整えるとのこと。

 森永乳業は、40年以上にわたり、ビフィズス菌や、腸内フローラの研究を続けています。その中で数千種類ものビフィズス菌や乳酸菌の中からたどり着いたのが、特許を取得している「ビフィズス菌B-3」だとか。「ビフィズス菌B-3」は健康な体づくりをサポートするという。

 今回発売する「ビースリー スマートヨーグルト」は、同社独自の「ビフィズス菌B-3」に加え、ミルクカルシウムを牛乳の約2倍(七訂増補日本食品標準成分表から)にあたる190mg配合(同品80gあたり)している。また、香料、人工甘味料を使用しておらず、ミルク本来のやさしい味わいで、継続して食べ続けられるように仕上げた。

[小売価格]オープン価格
[発売日]7月3日(火)

森永乳業=http://www.morinagamilk.co.jp


このページの先頭へ