菓子・ドリンク

ドール、LOLA'S Cupcakesとコラボしたオリジナルカップケーキ「極撰バナナ」と「スウィーティオパイン」を発売

2018.05.09 13:07 更新

 ドールは、「Dole極撰の日」(「ご(5)く(9)せん」の語呂合わせからドールが制定)である5月9日から、「バナナの日」(「バ(8)ナナ(7)」の語呂合わせから日本バナナ輸入組合が制定)である8月7日の3ヵ月間、ロンドンNo.1カップケーキブランド(店舗数(2018年3月現在:イギリス国内24店舗)ならびにウェブサイトへのアクセス数において)のLOLA'S Cupcakes(国内:ローラズ・カップケーキ東京、運営:A&S&R)とコラボし、オリジナルカップケーキ「極撰バナナ」および「スウィーティオパイン」を発売する。同企画は、ドールが2018年に迎える「フィリピン産バナナ・パイン輸入50周年」と、5月19日に予定されている英国のヘンリー王子と婚約者メーガン・マークルさんの結婚式をお祝いするために実現した。

 ドールは、バナナ輸入自由化(1963年)を受けた日本のバナナ消費需要拡大を見据え、高品質で食味の良いバナナを生産するため、1968年、日本への輸送距離が近く、温度と降雨量がバナナの栽培に最適で周年出荷が可能なフィリピン・ミンダナオ島に産地を開拓し、フィリピン産バナナの輸入を開始した。以来50年間の栽培技術、管理体制、物流整備などの努力によって、バナナは日本人に愛されるフルーツとなった。今日では2004年以降、バナナは果物の年間消費量1位になり、現在も1位をキープしている(出典:総務省 統計局家計調査より)。パイナップルにおいても、今年がフィリピンからの輸入を開始してから50年目に当たるという。

 この日本におけるドールの「フィリピン産バナナ/パイン輸入50周年」を記念し、イギリス、プリムローズヒル生まれのカップケーキブランド「LOLA'S Cupcakes」とコラボし、オリジナルカップケーキを発売が決定した。さらに、5月19日に予定されている英国ロイヤルウェディングをヘンリー王子が好きなバナナケーキでお祝いするため、5月17日~5月19日の三日間、「ローラズ・カップケーキ東京 原宿本店」において1日50個限定で無料提供をするイベント「ロイヤルウェディング セレブレーション」を実施する。

 同企画では、「Dole極撰の日」5月9日から、「バナナの日」8月7日までの3ヵ月間、「極撰バナナ」と「スウィーティオパイン」の2商品をローラズ・カップケーキ東京3店舗(原宿本店/六本木ヒルズ店/舞浜イクスピアリ店)で発売するとのこと。「極撰バナナ」は、ドールが研究・開発した100種以上の中から選び抜かれた甘み、香り、食感、すべてが高品質なバナナである「極撰」をたっぷりと生地に練りこんだカップケーキです。「極撰」ならではのもっちり濃い甘さを生かした生地と、LOLA'S Cupcakesオリジナルのリッチなバタークリームが重なりあうことで、贅沢な甘みが口の中に広がる。クリームは、メープルの香りたっぷりのバタークリームとのこと。生地は、ドールの「極撰バナナ」をたっぷり練りこんだナッツ入り甘さ控えめの生地となっている。「スウィーティオパイン」は、日本人の味覚に合わせたおいしさの追求から生まれた、酸味を抑え、豊潤な甘さと香りが特徴の格別のパイナップルが、クリームチーズの上にふんだんに盛られている。パインとクリームチーズの酸味が夏にぴったりの爽やかな一品となっている。クリームは、ライムのさわやかなクリームチーズとのこと。生地は、ドールの「スウィーティオパイン」を入れたバニラ生地となっている。

[小売価格]各560円(税別)
[発売日]5月9日(水)

ドール=https://www.dole.co.jp


このページの先頭へ