菓子・ドリンク

サントリー食品、「GREEN DA・KA・RA」ブランドの自販機専用商品をリニューアル

2018.04.02 15:54 更新

 サントリー食品インターナショナルは、「GREEN DA・KA・RA」ブランドの自動販売機専用商品(「GREEN DA・KA・RA」、「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」、「GREEN DA・KA・RA すっきりしたトマト」)をリニューアルし、4月10日から全国の自動販売機(以下、自販機)で発売する。

 「GREEN DA・KA・RA」ブランドは、日常生活で親しみのある素材を使い、子どもから大人まで幅広く、多くの消費者に好評を得ているとのこと。今回、「GREEN DA・KA・RA」ブランドのうち、自販機専用商品に関して中味とパッケージをリニューアルするとともに、TV-CMをはじめとした積極的なマーケティング活動を展開し、さらなるユーザーを拡大していく考え。

 「GREEN DA・KA・RA」では、自販機用の500mlペットボトルをリニューアルする。2012年の発売以来、多くの消費者に好評を得ている味わいをベースに、よりすっきりとした、夏に相応しい後味に進化した。パッケージでは「やさしい水分補給」の文字を新たに加え、素材由来の、やさしい水分補給設計であることを訴求している。「熱中症対策飲料」(食塩相当量0.1g/100ml(厚生労働省推奨値換算))としてもおすすめの商品とのこと。

 「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」では、2月の2L、650mlペットボトルのリニューアルに続き、今回は、自販機用の435mlペットボトルをリニューアルする。中味は、すっきりやさしい味わいはそのままに、これまで以上に幅広い消費者に楽しんでもらえることを目指し、アレルギー特定原材料等27品目不使用の新設計を実現した。日常の食卓でなじみのある素材(大麦・玄米・はと麦・海藻)で仕上げた、カフェインゼロのやさしい味わいの麦茶となっている。

 またパッケージでは、なじみのある素材のイラストはそのままに、「やさしい麦茶」の商品名を大きく配することで、ひと目でわかりやすいデザインに仕上げた。さらに、夏の暑い時の水分補給における“量の多さ”を求める消費者の声に応えるべく、サントリーの自販機史上で最大容量となる600mlへ増量する。

 昨年発売した「GREEN DA・KA・RA すっきりしたトマト」は、1本の中にまるごと1個分のトマト果汁(トマト1個あたり150gとして1個分のトマト果汁を使用している)を使用しており、トマト由来のリコピンを手軽にとることができる商品となっている。レモン果汁をひとしぼり加えることで、すっきりした飲み心地を実現している。また、ナトリウムを含んでいるため夏場の「熱中症対策飲料」としてもおすすめの商品とのこと。今回、従来のすっきりした飲み心地はそのままに、トマト果汁を増量し、トマト由来のリコピンを増量(2017年同社従来品中心値比。トマト果汁55%に増量)することで、「水分補給をしながら、手軽に栄養をとりたい」という声に応えていく。パッケージにおいても、「リコピン増量」の文字を新たに加えた。

 「GREEN DA・KA・RA」ブランドは、子どもの健やかな未来を応援するため、「子どもの未来応援国民運動」の支援として、4月から売上の一部を「子どもの未来応援基金」へ寄付します。「子どもの未来応援国民運動」とは、貧困や生まれ育った環境によって、教育の機会が得られずに将来の可能性が閉ざされてしまう子どもたちや、衣食住が十分確保されていない子どもたちを応援するプロジェクトとなっている(運営事務局は、内閣府、文部科学省、厚生労働省及び独立行政法人福祉医療機構)。

[小売価格]
GREEN DA・KA・RA:130円
GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶:130円
GREEN DA・KA・RA すっきりしたトマト:115円
(すべて税別)
[発売日]4月10日(火)

サントリー食品インターナショナル=https://www.suntory.co.jp


このページの先頭へ