菓子・ドリンク

アサヒ飲料、宮古島の「雪塩」を使用した「濃いめの『カルピス』」をリニューアル発売

2018.03.08 18:15 更新

 アサヒ飲料は、「濃いめの『カルピス』」をリニューアルし、3月13日から発売する。

 同商品は濃いめに仕立てた「カルピス」を、すっきりとした後味で楽しめる乳性飲料として2016年に期間限定で発売した。昨年は通年商品として発売し、濃いめの味わいがくつろぎのシーンなどで楽しめる点が多くの消費者に支持されたという。

 中味は、「カルピスウォーター」の約2倍となる乳成分量を配合し、宮古島の「雪塩」をひとつまみ加えることで風味全体を引き締め、濃いめの味わいながらも、すっきりした後味に仕上げている。また今回は、評価されている濃さ、香り、酸味のバランスを整えるとともに、よりすっきりとした味わいにしている。

 夏の暑い季節に冷凍してもおいしく楽しめるとともに、食塩相当量を100mlあたり0.1g含んでいるので熱中症対策飲料としてもぴったりな商品設計としている。

 パッケージでは、上部の紺色の背景と金縁のパネル、グラスのシズルによって、濃いめであることをわかりやすく表現している。また、下部に向かって爽やかな印象にすることで、すっきりした後味であることをイメージした。「冷凍でもおいしい」ことをアイコンで訴求し、幅広い飲用方法を提案するデザインとしている。

 乳酸菌飲料「カルピス」は、乳酸菌と酵母、発酵という自然製法が生みだすさわやかな香りや甘ずっぱいおいしさ、安心感で子どもから大人まで幅広い世代から支持を得ている。また、「カルピス」は好みの濃さを楽しめ、他の素材との組み合わせを楽しめることも大きな魅力となっている。今後も様々な「カルピス」のおいしさを商品やコミュニケーションを通して発信していく考え。

[小売価格]140円(税別)
[発売日]3月13日(火)

アサヒ飲料=http://www.asahiinryo.co.jp


このページの先頭へ