菓子・ドリンク

ゴディバ、「あげるって、たのしい。」をコンセプトにしたバレンタイン限定コレクションを販売、"ギャレンタイン"が体験できるキャンペーンも実施

2018.01.18 18:46 更新

 ベルギーの高級チョコレートブランド「ゴディバ」を輸入販売するゴディバジャパンは、バレンタイン限定コレクションとして、「ゴディバ ジュエリー コレクション」、「ベルジアン フェイバリット アソートメント」、「ゴディバ ジュエリー キープセイク」を、全国の有名百貨店内ゴディバショップおよびゴディバ専門店で、2月15日まで期間限定で販売する。また、バレンタインの新定番“ギャレンタイン”が体験できる「#ゴディバでギャレンタイン」キャンペーンを実施する。1月17日に行われたメディア向けテイスティングパーティーでは、バレンタイン限定コレクションの各商品を紹介したほか、“ギャレンタイン”をイメージしたパーティールームが披露された。

 「今年のゴディバのバレンタインは、多くの人にバレンタインをもっと自由に楽しんでもらいたいという想いを込めて、『あげるって、たのしい。』をコンセプトに、豊富なラインアップを取りそろえた。贈る人にも贈られる人にも、たくさんのハッピーがあふれるコレクションとなっている」と、ゴディバジャパン マーケティング部コミュニケーションズの埋田麻衣シニアマネージャーがバレンタイン限定コレクションのコンセプトについて紹介。「また今回、新たな試みとして、“ギャレンタイン”をテーマにしたキャンペーンを実施する。“ギャレンタイン”は、『ギャル×バレンタイン』が語源で、女性同士でパーティーを楽しんだり、バレンタインに向けた作戦会議をする新たなムーブメント。キャンペーンでは、バレンタインデー前日の2月13日にゴディバがプロデュースするギャレンタインルームの宿泊券を抽選でプレゼントする。新定番の“ギャレンタイン”を特別な空間で楽しんでほしい」と、バレンタイン限定コレクションと“ギャレンタイン”キャンペーンで、今年のバレンタインを盛り上げていくと話していた。

 では、ゴディバが届ける今年のバレンタイン限定コレクションを見ていこう。「ゴディバ ジュエリー コレクション」は、ダイヤモンドやエメラルド、ルビーなど宝石のきらめきに大切な人への想いを込めた商品。「ジュエリー セレクション」、「ジュエリー アソートメント」、「ジュエリー ハートボックス」、「ジュエリー カレアソートメント」の4品をラインアップする。

 パッケージのデザインは、英国を拠点に世界でも活躍しているイラストレーター、ジェシー・フォード氏がイラストレーションを手がけた。独特で素朴な魅力を持つフォード氏の明るく大胆なグラフィックスタイルによる、カラフルで華やかなバレンタインにピッタリなパッケージに仕上げている。

 「ゴディバ ジュエリー コレクション」の限定チョコレートとしては、「クール フレーズシトロン」、「ディアマン ピスターシュ」、「ジェム キャラメルオランジュ」、「ジェム ペルビアン ノア」、「ジェム シトロンジンジャー」、「ディアマン プラリネ アモンドカフェ」の6種類のフレーバーが登場する。

 「クール フレーズシトロン」は、酸味のあるストロベリーレモンガナッシュをキラキラと赤く輝くハート型のホワイトチョコレートに閉じ込め、ひと粒ずつ「GODIVA」の刻印を施した、バレンタインにふさわしい一粒となっている。「ディアマン ピスターシュ」は、キラキラ輝くダイヤモンドをイメージし、グリーンのホワイトチョコレートに風味豊かでまろやかなピスタチオプラリネを閉じ込めた一粒。「ジェム ペルビアン ノア」は、バニラが香るペルー産カカオのダークチョコレートガナッシュを、繊細な風味のピーカンナッツプラリネと組み合わせ、ダークチョコレートでコーティング。印象的なゴールドのハートを飾った。「ジェム シトロンジンジャー」は、ピリッとした風味のレモンジンジャーガナッシュを、クリーミーなヘーゼルナッツプラリネと組み合わせ、ミルクチョコレートで包んだ。エメラルドをイメージした模様をあしらっている。「ジェム キャラメルオランジュ」は、シルクのようになめらかな口あたりの、微かに塩を効かせたオレンジキャラメルを、繊細なダークチョコレートでコーティングした。ルビーをイメージした模様を飾っている。「ディアマン プラリネ アモンドカフェ」は、香ばしいアーモンドコーヒープラリネとミルクチョコレートムースを、ダイヤモンドをイメージしたミルクチョコレートで包んだ一粒となっている。

 「ベルジアン フェイバリット アソートメント」は、ゴディバ発祥の地、ベルギーで長く愛されているチョコレートとバレンタイン限定チョコレートを、星を散りばめたようなラグジュアリーなボックスに詰め合わせた商品。ゴディバカラーのゴールドとブラウンのカラーのボックスは、表面に革のキルトのような高級感を厚めのエンボス加工で表現。さらにドットの箔をちりばめた、シックで贅沢な特別感あふれるデザインとなっている。

 「ベルジアン フェイバリット アソートメント」の限定チョコレートは9種類。「キューブ デュ クール」は、サクサクとした歯ざわりのプラリネと72%ダークチョコレートガナッシュを、なめらかな50%ダークチョコレートで包み、上品な赤いハートで飾った。「ジー ヌガティン レ」は、ヌガティンを加えたゴディバ伝統のヘーゼルナッツプラリネをミルクチョコレートで包み、GODIVAの「G」で飾った一粒。「クロコ ノア」は、ダークチョコレートガナッシュを、ダークチョコレートでコーティングし、印象的なクロコ柄のデザインを施した。「モワルー キャラメル ペカン」は、ピーカンナッツ入りのなめらかなバニラキャラメルをミルクチョコレートで包み、キャラメルがけしたピーカンナッツの粒で飾っている。

 「ペピート アモンド レ」は、ローストアーモンドを閉じ込めたヘーゼルナッツプラリネをミルクチョコレートで包んだ一粒。「ランゴ ノワゼット」は、ミルクチョコレートとローストしたヘーゼルナッツの粒を加えたプラリネを、エレガントなゴールドのラッピングで包んだ。「インテンス ショコラ」は、ダークチョコレートガナッシュを72%ダークチョコレートで包み込んだ。「ノワゼッティーヌ」は、ヘーゼルナッツプラリネをダークチョコレートでコーティングし、砕いたヘーゼルナッツとヌガティンで飾っている。「ミエロディ」は、塩を効かせたはちみつ入りのアーモンドバタープラリネをホワイトチョコレートで包んだ一粒となっている。

 「ジュエリー キープセイク」は、「ゴディバ ジュエリー コレクション」の限定チョコレートと人気の定番チョコレートを詰め合わせた商品。シャンパンゴールドの上品なケースには、繊細なエンボス加工やクリスタルがあしらわれており、バレンタインを華やかに演出してくれる。

 このほかに、バレンタイン向け商品として、「ラッピングチョコレート」と「グランプラス」も展開している。「ラッピングチョコレート」では、キュートで愛らしいハート型の缶に季節限定フレーバー「トリュフ ストロベリーショートケーキ」などを詰め合わせた「ラッピングチョコレートミニハート缶」、ハート型のパッケージに5種類のトリュフを詰め合わせた「ラッピングチョコレート トリュフ アソートメント」、さわやかなカラーのスクエア型の缶にトリュフを詰め合わせた「ラッピングチョコレート スクエア缶」などを用意している。

 「グランプラス」は、ゴディバ発祥の地ブリュッセルにある美しい広場“グランプラス”の名を冠した、宝石箱のような商品。定番チョコレートとカレを、上質なギフトボックスに詰め合わせた。バレンタイン限定で、赤いギフトボックスの「グランプラスレッド」が登場する。

 また、ゴディバでは、バレンタインをもっと自由に楽しむために、女子たちに贈るスペシャルプレゼントとして「#ゴディバでギャレンタイン」キャンペーンを1月17日から31日まで実施中だ。キャンペーンは、今年のバレンタイン限定コレクションの中から、「あなたがあげたい」商品画像を選び、Twitter/Instagramにハッシュタグ「#ゴディバでギャレンタイン」と一緒に投稿することで応募が可能。応募者の中から、抽選で1組3名、合計14組42名に、バレンタインデー前日(2月13日)にゴディバがプロデュースした14の異なるギャレンタインルームの宿泊権をプレゼントする。ラグジュアリーホテルの部屋や別荘、ゲストハウスなど、特別な空間で女子だけの“ギャレンタイン”を楽しむことができるという。さらに、Wチャンスとして、抽選にはずれた人の中から30名に、ゴディバショコリキサーの引換券(ペア)をプレゼントする。【PR】

[「#ゴディバでギャレンタイン」キャンペーン概要]
期間:1月17日(水)10:00~1月31日(水)23:59
応募方法:Twitter(@Godiva_JPN)またはInstagram(@godiva_japan)のゴディバ公式アカウントをフォロー後、「あなたがあげたい」商品画像を「#ゴディバでギャレンタイン」のハッシュタグと共に投稿
当選商品:バレンタインデー前日の2月13日(火)ラグジュアリーホテルなどに女友達3名で宿泊できるゴディバプロデュースのギャレンタインルーム宿泊権をプレゼント
当選人数:宿泊権14組42名、ショコリキサー30名
当選発表:Twitter、Instagramのダイレクトメッセージで当選通知

ゴディバ=https://www.godiva.co.jp/
「#ゴディバでギャレンタイン」キャンペーンサイト=https://www.godiva.co.jp/valentine/


このページの先頭へ