菓子・ドリンク

近鉄、観光特急「青の交響曲」車内で冬季オリジナルケーキ「フレジエ・ピスターシュ」を発売

2017.12.07 20:37 更新

 近鉄は、12月11日から、南大阪線・吉野線 観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」の車内で、冬季オリジナルケーキ「フレジエ・ピスターシュ」を発売する。

 冬季オリジナルケーキ「フレジエ・ピスターシュ」は、ピスタチオを使用したスポンジ生地とクリームで苺を挟み、表面は苺のジャム・粉糖・金粉で仕上げ、コクのある濃厚なピスタチオと甘酸っぱい苺が織り成すマリアージュを楽しめるケーキで、観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」の車内限定商品となっている。

 ぜひ、この機会に春、夏、秋の魅力とはまた違った冬の吉野方面へ観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」に乗車してもらい、上質な車内で冬季オリジナルケーキ「フレジエ・ピスターシュ」を楽しんでほしい考え。

 季節のオリジナルケーキは、昨年5月に行われた「伊勢志摩サミット」でデザートを担当した志摩観光ホテル料飲部製菓長 兼 大阪マリオット都ホテル料飲部ペストリー料理長赤崎哲朗氏によるもので、運行開始から延べ約1万3700個(11月30日現在)を発売した。コーヒーもしくは紅茶をセットにして1100円(税込)で発売する。

 観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」は、昨年9月10日に運行開始して以来、延べ約8万8000人(11月30日現在)を超える消費者に利用してもらい、「上質な大人旅」を楽しめる観光特急として好評を得ているという。

[小売価格]1100円(税込)
[発売日]12月11日(月)

近畿日本鉄道=http://www.kintetsu.co.jp


このページの先頭へ