菓子・ドリンク

シャトレーゼ、「月ゆめモンブラン」など秋の夜長を楽しむ「お月見スイーツ」を期間限定で発売

2017.09.14 17:47 更新

 全国に490店舗、海外に39店舗を展開している菓子メーカー、シャトレーゼは、秋の夜長を楽しむ「お月見スイーツ」を、9月29日から期間限定で全国のシャトレーゼで発売する。

 「お月見スイーツ」は、お月様をイメージしたチョコレートをてっぺんに飾る「月ゆめモンブラン」や、月のうさぎを生クリームで表現し、目を苺ソースで、耳はチョコレートで仕上げた「月ゆめうさぎ」、白州名水で自家炊きした餡を山梨県産コシヒカリの生地で包んだ「月見団子」の3種類となっている。今後も多くの人々へお菓子を通じて笑顔を届けられるよう、人々に愛されるお菓子・サービスを提供していく考え。

 「月ゆめモンブラン」は、紫芋のほっくりとした濃厚な味わいと生クリーム、粒餡との相性を楽しめる和洋折衷のスイーツ。ダコワーズ、バニラスポンジの上に、自家炊き粒餡、生クリームを重ね、紫芋クリームをしぼった。お月様をイメージしたチョコレートをてっぺんに飾り、お月見をより一層楽しめるモンブランに仕上げた。

 「月ゆめうさぎ」は、うみたて卵を使ったなめらかなプリンに、カラメルソースとバニラスポンジを重ね、カスタード生クリームを絞った。ミルク感のあるプリンはさっぱりとした後味で、濃厚で香りのよいカラメルソースがアクセントになっている。月のうさぎを生クリームで表現し、目を苺ソースで、耳はチョコレートで仕上げた。

 「月見団子」の「こし餡」は、自社精米した山梨県産コシヒカリを白州名水で洗米・浸漬し、自社で製粉した団子生地で、自家炊きこし餡を包んだこだわりの月見団子。歯ぎれのよい団子生地となめらかなこし餡が調和した月見団子に仕上がった。

 「粒餡」は、自社精米した山梨県産コシヒカリを白州名水で洗米・浸漬し、自社で製粉することで米本来の風味と食感をいかした団子生地で、自家炊き粒餡を包んだこだわりの一品となっている。歯ぎれのよい団子生地と粒餡が調和した月見団子に仕上がった。

[小売価格]
月ゆめモンブラン:360円
月ゆめうさぎ:280円
月見団子
 こし餡/粒餡6個入り:388円
 こし餡13個入り:702円
 こし餡15個入り:810円
(すべて税込)
[発売日]
月ゆめモンブラン:9月29日(金)
月ゆめうさぎ:9月29日(金
月見団子
 6個入り:9月29日(金)と10月27日(金)
 13個入り:10月27日(金)
 15個入り:9月29日(金)

シャトレーゼ=https://www.chateraise.co.jp


このページの先頭へ