菓子・ドリンク

森永製菓、「金のキョロちゃんチョコボール<チョコビス>」と「チョコボール<ピーナッツ>50倍」を発売

2017.07.03 19:04 更新

 森永製菓は、「金のキョロちゃんチョコボール<チョコビス>」と「チョコボール<ピーナッツ>50倍」を7月4日から期間限定で発売する。

 「金のキョロちゃんチョコボール<チョコビス>」は、金箔付きのチョコボールも入っているかもしれない、どきどきワクワクする「チョコボール」とのこと。また「チョコボール<ピーナッツ>50倍」は、50周年の“50”にこだわり、一粒の大きさを50倍にした「チョコボール」となっている。いずれも50周年にふさわしいお祝いムード、楽しさいっぱいの商品だとか。

 さらに金のエンゼル1枚、または銀のエンゼル5枚で必ず当たる「おもちゃのカンヅメ」は、50周年を機に「しゃべる!金のキョロちゃん缶」にリニューアルし、チョコボール50周年を“金”で華やかにお祝いし盛り上げる。

 「金のキョロちゃんチョコボール<チョコビス>」は、ココアビスケットにチョコをコーティングした。一定の確率で金箔付きチョコボールが入っている。“あったらラッキー”というワクワク感も楽しめるチョコボールとなっている。パッケージは黒ベースで、金色のキョロちゃんを強調し、品質特長に合わせて、全体的に、金箔をイメージするキラキラしたデザインとのこと。

 「チョコボール<ピーナッツ>50倍」は、クリスプ層で包んだピーナッツをクラッシュピーナッツとコーンフレーク入りのチョコレートでコーティングした。通常のチョコボールと比較し、体積50倍の大きなチョコボールとなっている。

 「おもちゃのカンヅメ」は金のエンゼル1枚、または銀のエンゼル5枚を集めて応募すれば、必ず当たるプレゼント。1967年「おもちゃのカンヅメ」の前身である「まんがのカンヅメ」が登場し、その後1969年から今までに40種類以上の「おもちゃのカンヅメ」をプレゼントとしてきたが、今回、「しゃべる!金のキョロちゃん缶」としてリニューアルする。

 「しゃべる!金のキョロちゃん缶」の特長は、くちばしをなでるとキョロちゃんがしゃべる。なで方によってもしゃべる言葉が変わる、大人も子どもも楽しめる仕掛けになっている。チョコボール<ピーナッツ>、チョコボール<キャラメル>、チョコボール<いちご>、金のキョロちゃんチョコボール<チョコビス>のくちばしに付いている金のエンゼル1枚または銀のエンゼル5枚で応募できる。今までの、金・銀エンゼルも利用できる。

[小売価格]
金のキョロちゃんチョコボール<チョコビス>:86円
チョコボール<ピーナッツ>50倍:540円
(すべて税込)
[発売日]7月4日(火)

森永製菓=http://www.morinaga.co.jp


このページの先頭へ