菓子・ドリンク

サントリーワイン、仏産新酒ワイン「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2017」11種を受注開始

2017.07.05 10:14 更新

 サントリーワインインターナショナルは、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー」など仏産新酒ワイン11種の受注を7月4日から開始した。

 「ボジョレー ヌーヴォー」は、フランス・ボジョレー地区でその年に収穫したぶどうを醸造した新酒ワイン。毎年11月の第3木曜日に解禁となり、“旬を味わう、旬のワイン”として世界中で楽しまれている。

 同社は、“ボジョレーの帝王”と呼ばれている名醸造家ジョルジュ デュブッフ氏が手がける「ジョルジュ デュブッフ」ブランドのボジョレー ヌーヴォーを日本で販売している。その華やかな香りとフルーティな味わいは世界中のワイン愛好家を魅了しており、フランス・リヨンで毎年行われている「リヨン・ボジョレー ヌーヴォー ワインコンクール」においてNo.1(リヨン・ボジョレー ヌーヴォー ワインコンクール(2002年-2016年)ジョルジュ デュブッフ社調べ)の受賞歴を誇るなど高い評価を得ている。

 日本国内でも「ジョルジュ デュブッフ」ブランドはボジョレー ヌーヴォー販売容量No.1(インテージ拡大推計値より(期間:2015年1月~2016年12月)全国SM/CVS/酒DS/ホームセンター/ドラッグストア/一般酒店/業務用酒販店)ブランドであり、2016年販売数量は対前年1割増となった。

 また同社は昨年からハロウィンとクリスマスの間の催事“ボジョレー ヌーヴォー パーティー”「ボジョパ」を提案している。「ボジョパ」という消費者が集まる“コト消費”の提案に評価をしてもらい、2016年は全国で約3.3万店(対前年110%)の料飲店に同社ボジョレー ヌーヴォーを取り扱ってもらったとのこと。

 今年は、ボジョレー ヌーヴォーを幅広い世代に楽しんでもらうべく、「ボジョパ」提案を強化するほか新商品の投入などを通じて、“みんなで楽しめるボジョレー ヌーヴォーの魅力”を訴求する考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月16日(木)

サントリー=http://www.suntory.co.jp


このページの先頭へ