菓子・ドリンク

ネスレ日本、中田英寿氏プロデュースの「キットカット 日本酒」を発売

2017.04.10 17:09 更新

 ネスレ日本(以下、ネスレ)は訪日客市場の獲得に向けて、日本酒の魅力を知り尽くす中田英寿氏プロデュースのもと、開発を進めている「キットカット日本酒」の今秋発売を決定した。発売に先駆けて、4月10日から4月16日まで六本木ヒルズで開催されている日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK」で、試作品を270組限定で提供する。

 ネスレが現在販売している30種類を超える日本の「キットカット」は、「抹茶」味を中心に訪日外国人観光客が選ぶ定番土産として選ばれている。「日本酒」味は、2016 年2月の発売以降、予想を上回る好評を得て、今もその人気が続いている。

 今回、ネスレは訪日外国人観光客によるインバウンド需要の獲得を強化するため、サッカー日本代表を引退後、自ら世界や日本国内を巡った経験を経て、日本酒をはじめとした伝統産業の魅力を世界に広める活動に注力している中田英寿氏とコラボレーションをおこなう。中田氏が厳選した銘柄を使用することで、さらに本格感を増した新「キットカット 日本酒」として、今秋にリニューアル発売する。今後開発していくパッケージデザインも中田氏が監修する。

 発売に先駆けて、4月10日~4月16日の期間、「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS」特設ブース内で、1年以上に渡る開発を続けてきた試作品を限定提供する。平日17 時~先着30組(5日間)、土日14時~先着60組(2日間)の計270組に対して、2種類の新「キットカット 日本酒」試作品を食べ比べ、好みの人に投票してもらう企画を実施する。一般投票の結果、人気が高い人を今秋発売予定だ。結果は、発売の際に公表する。また、同祭典に出店する100蔵から、新商品に使用される日本酒の銘柄を予想する企画も実施する他、「キットカット 日本酒」現行品を配布するなど、国内外の日本酒ファンのみなさまに特別な体験を届ける。

 「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS」とは、全国300ヵ所以上の蔵元を巡るなど、日本酒の魅力を知り尽くし、世界に向けてその素晴らしさを発信し続けている、元サッカー日本代表の中田英寿氏が発案した日本酒イベント。日替わりで提供される日本酒や、特別出店するレストランの料理を楽しめる。

[「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS」開催概要]
期間:4月7日(金)~4月16日(日)12時~21時
会場:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6-11-1)
入場料:
 CRAFTSAKEスターターセット 3500円(税込)
 ※内訳:グラス+お酒・食事用250円コイン6枚分
 ※2回目以降の入場料は、イベントで配布したグラス持参で無料
参加蔵数:各日10蔵ずつ計100蔵(予定)
出店レストラン数:10店
主催:JAPAN CRAFT SAKE COMPANY

ネスレ日本=http://www.nestle.co.jp


このページの先頭へ