菓子・ドリンク

キリンビバレッジとダイドードリンコ、自動販売機で両社主力商品の相互販売を開始

2017.03.06 19:01 更新

 キリンビバレッジ(以下、KBC社)とダイドードリンコ(以下、DyDo社)とは、2016年4月から自動販売機(以下、自販機)において、両社主力商品の相互販売を開始した。今回、相互販売の対象としてDyDo社の主力商品である「ダイドーブレンド 香るブレンド微糖 世界一のバリスタ(ワールドバリスタチャンピオンシップ 第14代チャンピオン ピート・リカータ氏)監修」と「ダイドーブレンド コクと香りのブレンドBLACK 世界一のバリスタ監修」を、キリンビバレッジグループで自販機事業全般を担うキリンビバレッジバリューベンダーが管理運営する自販機で3月13日から順次販売。KBC社の主力商品である紅茶飲料No.1ブランド(食品マーケティング研究所調べ(2016年実績))「キリン 午後の紅茶 ミルクティー280mlペットボトル」と特保コーラカテゴリーNo.1(食品マーケティング研究所調べ(2016年実績))である「キリン メッツ コーラ270mlペットボトル」をDyDo社が管理運営する自販機で3月21日から順次販売する。

 国内の清涼飲料市場において自販機は、さまざまな商品を手軽に購入できる利便性などによって、市場全体の売上げの約3割を占めており、両グループにとって重要な販売チャネルと位置付けている。このような中、主力商品の相互販売によって、自販機の競争力を高め、新たな価値を創造することで、(1)主力商品の販路拡大(2)自販機の売上増および収益向上(3)消費者との接点拡大によるブランド力の向上(4)自販機事業の持続的成長--の4つの実現を目指している。

 2016年度は、DyDo社の主力商品である「ダイドーブレンド」2品とKBC社の主力商品である「キリン 午後の紅茶」2品の計4品を、相互販売した。これによって、両社主力商品と消費者との接点が増え、販売数量の増加や商品ブランド力の向上に貢献したという。今回、「ボトル缶コーヒーユーザー」と新たに「健康を気にする機能系コーラユーザー」への提案として、両社主力商品を相互販売することで、さらなる販売数量の増加や商品ブランド力の向上を図っていくとしている。

キリン=http://www.kirin.co.jp
ダイドードリンコ=http://www.dydo.co.jp


このページの先頭へ