菓子・ドリンク

アクアクララ、新アンバサダーに哀川翔さんの愛犬GOCOくんが就任、アンバサダー就任式でペットへの水分補給の大切さを学ぶ

2014.03.27 10:22 更新

 水を通じて“生活”“環境”“健康”の創造を目指すアクアクララは、宅配水「アクアクララ」の新アンバサダーとして、俳優 哀川翔さんの愛犬スタッフォードシャーブルテリアのGOCOくんを任命した。3月26日には、新アンバサダーの就任式が行われ、GOCOくんと共に哀川翔さんと次女の桃子さんが出席し、GOCOくんの調印を見届けた。また、就任式では、獣医師の徳本一義先生に水とペットに関係について解説してもらい、哀川翔さんと桃子さんがペットにとっての水の大切さを学んだ。

 「これまで当社では、子育て世帯を中心に宅配水『アクアクララ』を提案してきたが、その中で、『アクアクララ』の水をペットにも飲ませているという声をよく聞くようになった。そこで、利用者の調査をしてみると、子どものいる世帯に比べペットのいる世帯のほうが多いことがわかった」と、アクアクララの赤津裕次郎社長が挨拶。「人間と同じように、ペットにも『アクアクララ』の水を与えてもよいものか、獣医師に確認したところ、無事にお墨付きをもらうことができた。これを機に、今回、哀川翔さんの愛犬GOCOくんに、新アンバサダーをお願いすることになった」と、新たにペットのアンバサダーを任命する経緯について説明した。

 次に、新アンバサダー就任式に先立ち、獣医師の徳本一義先生による「生命は水と共にある」と題した講演が行われた。「地球上の生物は、海の中にある1つの細胞から生み出され、進化していったと考えられている。その証拠に、私たちの体を構成する成分の60%は水分で占められており、今でも水と共に生きているのが実状である」と、生物が生きていく上で水は欠かすことはできないと力説する。「体の中における水の機能としては、取り込んだ物質を溶媒する働き、化学反応に関わる働き、体温を調節する働き、そして体を形作り、弾力性を維持する働きが挙げられる」と、徳本先生は、体内で水がどのような役割を担っているのかを教えてくれた。

 「ペットに必要な水分量は、体重1kgあたりほぼ50mlで計算するとわかりやすい。ただし、授乳や多尿、下痢、嘔吐、体温上昇、加齢などによって、通常に比べて多くの水分が必要になるケースもある。とくに飲水量が急激に変化した場合には、ペットの体調に注意してほしい。また、ドライやセミモイスト、ウェットなどペットフードの種類によって飲水量が異なってくることも、頭の中に入れておく必要がある」と、ペットには一定の水を与えておけばよいというわけではないと指摘する。「ペットにたくさんの水を飲ませるためには、1年を通して、常にきれいで新鮮な水を自由に飲める環境を整えることが重要になる。最も有効なのは、家の中にたくさんの水飲み場を作ること。『アクアクララ』は、リビングやベッドルームなど蛇口がない場所にも置けるので、いつでもどこでも新鮮な水を与えることができる」と、徳本先生は、「アクアクララ」はペットの水分補給をサポートすると共に、健康維持にも貢献できると太鼓判を押していた。

 


 新アンバサダー就任式では、哀川翔さんが愛犬GOCOくんを抱いて登場。哀川翔さんと次女の桃子さんの立ち会いの下、GOCOくんが肉球で、任命書への調印を行った。「普段は暴れたりして大変なのだが、今日はおとなしくて、素直に調印してくれたのでホッとしている」と、哀川翔さんは、愛犬が無事にアンバサダーに就任できたことに胸をなで下ろしていた。

 


 「GOCOは、犬の年齢で8歳になる。哀川家には5人の子どもがいるが、その6人目として生活を共にしている。とくに、末っ子とは一番仲が良くていつもじゃれ合っているが、孫に対しては自分のほうが上の立場であるような態度を取っている。実は、自分のことを犬とは思っていないのではないか」と、哀川翔さんは、家族の一員としてGOCOくんを育ててきたという。「GOCOに飲ませる水には気をつかっていて、地元の温泉水やオホーツクの水を取り寄せるなど、おいしい水を与えるようにしている。その際には冷やさないで、飲みやすいように常温にしている」と、GOCOくんが水を飲みやすいように工夫しているとのこと。「家族の中で一番水を飲むのがGOCO。ひと暴れするとたくさん水を飲むので、すぐに水がなくなってしまう」と、桃子さんは、GOCOくんにとって水はエネルギー源であると話していた。

 ここで、徳本先生から哀川翔さんにアドバイスがあった。「GOCOくんは、犬としてはこれから高齢になってくる。高齢の犬は、喉の渇きに鈍感になることがあるので注意が必要。本当は体の水分が足りなくなっているのに、それに気付かずに水をあまり飲まなくなってしまう。そうならないために、これからも積極的に水を飲ませてあげてほしい」と、水分不足にならないよう家族でケアしてほしいとのこと。これに哀川翔さんは、「幸いにもたくさん家族がいるので、家にいる誰かが必ずGOCOに水を飲ませるように心がけたい」と話すと、桃子さんも、「これからもGOCOにあげる水には気をつかっていきたい」と、改めて愛犬への水分補給の大切さを実感している様子だった。

 なお、アクアクララでは、「ペット(犬・猫)と水」をテーマとし、「ワンちゃん・ネコちゃん フォトコンテスト」を3月1日から5月31日まで実施している。同コンテストでは、アクアクララ会員に限らず、すべての消費者を対象として、ペット(犬・猫)が水に関わっているベストショット(水を飲んでいる写真など)を募集するという。このコンテストを通して、ペットと水分補給の大切さを提唱し、家族の一員であるペットの健康管理をサポートしていきたい考え。

アクアクララ=http://www.aquaclara.co.jp/


このページの先頭へ