菓子・ドリンク

日本クラフトビール、和の馨るエール「馨和 KAGUA」を高島屋横浜店と西武池袋本店で販売

2013.11.20 22:44 更新

 日本クラフトビールは、11月20日から高島屋横浜店で、12月6日から西武池袋本店で、和の馨るエール「馨和 KAGUA」の販売を開始する。

 「和の食卓に映えるかぐわしさ」をコンセプトに誕生した「馨和 KAGUA」は、2012年10月の松屋銀座での販売開始以来、2013年8月にはそごう神戸店、そして今回の高島屋横浜店、西武池袋本店と、百貨店での販売を戦略的に拡大している。同社では今後も、「馨和 KAGUA」のコンセプトとの親和性が高く、消費者に上質な価値を提供している店舗での販売拡大を目指す考え。

 高島屋横浜店、西武池袋本店での販売開始に際して、両店の店頭で「馨和 KAGUA」試飲販売を実施する。同催事では、直接消費者に「馨和 KAGUA」の特徴を紹介し、その味を実際に体験できるとのこと。ギフト需要が高まる11月・12月は、両店を含む各店における、同様の試飲販売プロモーションを積極的に行っていく考え。

 「馨和 KAGUAは、「和の食卓に映えるビールを世界中の人に楽しんでもらいたい」という想いを出発点に、2012年3月に発売開始した、日本クラフトビールの基幹ブランド。「和の食卓に映えるかぐわしさ」をコンセプトに企画したオリジナルレシピ(調合)をもとに、日本を象徴するハーブである柚子と山椒を使い、パートナーであるベルギーの委託醸造所で醸造している。小麦を使った淡色上面発酵の「Blanc」と、ロースト麦芽を使った濃色上面発酵の「Rouge」の2つのラインナップがあり、白ワインと赤ワインのように料理との相性によって楽しむことができるのが大きな特徴だ。現在ではミシュランガイドで星を獲得している有名人気店をはじめとして、香港、シンガポールの高級ホテル・レストランなどでも提供されている。なお、「馨和 KAGUA」は、日本の酒税法上では発泡酒に分類される。

[発売日]
高島屋横浜店:11月20日(水)
西武池袋本店:12月6日(金)

日本クラフトビール=http://www.nipponcraftbeer.com/


このページの先頭へ