データ・リポート

敏感肌用スキンケアブランド「アルージェ」が「恋愛とスキンケア」に関するWEB調査を実施、肌荒れのせいで好きな異性に会いたくない人は4割に

2019.02.20 17:08 更新

 全薬工業が展開する敏感肌用スキンケアブランド「アルージェ」は、平成最後のバレンタインデーを前に、全国の20~30代男女300名を対象に「恋愛とスキンケア」に関するインターネット調査を1月18日から1月21日まで実施した(アルージェ敏感肌研究室調べ)。今回の調査結果から、実生活においてもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上でのコミュニケーションにおいても、肌荒れを気にする男女は多く、約6割が肌荒れのせいで恋愛に消極的となる傾向がみられた。また、好きな異性と会う前には約半数が入念にスキンケアを行うなど、肌をきれいに見せたいという意識が強いこともわかった。平成時代を生きる20代、30代はSNSの普及によって肌を見られる機会が拡大し、より自分や他人の肌状態を意識する場面が増えたこともその一因かもしれない。

 今年のバレンタインデーに好きな異性に会う予定が「ある」「会いたいと考えている」と答えた人は計32.4%と、約3人に1人が好きな異性と過ごす予定であることがわかった。一昔前までは、バレンタインデーは女性から男性に告白するイベントとして定着していたが、今では「友チョコ」や自分へのご褒美として購入する「自分チョコ」がブームとなるなど、時代の流れとともに様変わりしている。しかしながら、平成最後のバレンタインデーとなる今年も、男女が一緒に過ごしたいと考えるイベントの一つのようだ。


ハイサイド・コーポレーション、ドクターズコスメに関するインターネット調査、ドクターズコスメ使用者は他人から肌を褒められる傾向に

2019.02.06 18:08 更新

 化粧品、医薬部外品の企画・開発・販売などを手掛けるハイサイド・コーポレーションが展開するドクターズコスメ「アンプルール」は、全国の美容従事者630名を対象にドクターズコスメに関するインターネット調査を1月10日から15日まで実施した。ドクターズコスメとは、医師や医療機関などの専門家が開発もしくは監修しているコスメを指す。今回の調査結果から、商品への安心感や信頼性の高さからドクターズコスメを選択する女性が多く、実際に使用した後は効果・効能や品質の良さに満足していることが明らかとなった。

 美容従事者630名では、ドクターズコスメを「よく知っている」「知っている」「あまり知らないが、聞いたことはある」と答えた人は計90.6%にのぼり、認知度は非常に高いことがわかった。しかし一方で「使用経験あり」と回答した人は、58.8%にとどまっている。その理由として、ドクターズコスメの販路はクリニックや専門店、ECがメインであるため、偶然商品に出会う機会が少ないことが挙げられる。また商品の特性上、肌悩みが明確でないと自分に合ったドクターズコスメを探さないことも影響していると考えられる。


TPCマーケティングリサーチ、サラダチキンのマーケティング提案について調査、「サラダチキン」を「週1回以上」使用するヘビーユーザーは「男性の20代・30代」

2019.01.22 18:23 更新

 TPCマーケティングリサーチは、今後のサラダチキンの拡大需要にあたり、誰をターゲットにどのような商品価値を訴求していくと良いかを探るべく、サラダチキンを月1回以上食べている20~60代の男女620人を対象にアンケート調査を実施、その結果を発表した。その結果、「サラダチキン」を「週1回以上」使用する“ヘビーユーザー”は、「男性」「20代・30代」に多かった。

 今回、サラダチキンを月1回以上購入している20~60代の男女を対象に、サラダチキンに関するアンケート調査を実施した。まず、サラダチキンの使用頻度を属性別にみると、男女別では、男性は「週1回以上」が26.5%、女性は16.7%となり、男性の利用率が高かった。また、年代別でみると、「週1回以上」食べる人は「20代」が28.1%でトップとなった。次いで、「30代」が23.3%、「50代」が18.5%、「40代」「60代」が18.3%で続いている。以上のことから、サラダチキンの”ヘビーユーザー”は「男性」「20代・30代」であることがわかった。


富士経済、一般用医薬品の国内市場の調査、皮膚治療薬の2017年見込では2016年比6.9%増の186億円の拡大
2017.07.10 11:49 更新
矢野経済研究所、ボディケア・リフレクソロジー市場に関する調査、2016年の市場規模は前年比101.2%の1093億円とやや鈍化も堅調に推移
2017.07.06 12:22 更新
矢野経済研究所、国内の酒類市場に関する調査、2016年度の市場規模は前年度比99.4%で3兆5738億円の見込
2017.07.03 16:27 更新
富士経済、H・Bフーズ市場の総括分析調査、2016年の国内市場は2兆2329億円見込で2017年も引き続き市場は拡大
2017.06.30 19:06 更新
富士経済、2017年国内清涼飲料市場の調査、17年は前年比0.4%増の5兆1515億円の見込
2017.06.22 00:57 更新
TPCマーケティングリサーチ、スープ市場について用途別・分野別・種類別・フレーバー別に調査、2017年度は2.3%増の1581.5億円と堅調な推移が継続
2017.06.16 18:26 更新
矢野経済研究所、スポーツ用品市場(2017年)に関する調査、2017年は前年比102.6%と予測
2017.06.12 17:45 更新
チューリッヒ生命がビジネスパーソンの抱えるストレスを調査、7割以上がストレスを抱え働く人の5人に1人がストレスを起因とした休職を経験
2017.06.08 10:08 更新
富士経済、27カテゴリー412品目の2016年加工食品市場調査、2016年市場の見込は前年比1.2%増の22兆3006億円に
2017.06.02 19:56 更新
TPCマーケティングリサーチ、酒類総市場について調査、2016年度の低アルコール市場は金額ベースで前年比9.3%増の2606億9000万円に
2017.05.29 14:49 更新
TPCマーケティングリサーチ、オーガニック・ナチュラルコスメ市場について調査、2015年度は前年度比7.3%増の1919億円に、この10年で市場は2倍近くにまで成長
2017.05.26 18:37 更新
矢野経済研究所、スイーツの購入実態・需要動向に関するアンケート調査結果(2017年)を発表、洋菓子購入のポイントは男性が「価格」で女性は「見た目」
2017.05.25 18:11 更新
TPCマーケティングリサーチ、スキンケア医薬品について消費者調査、 スキンケア医薬品のいずれかの商品を「定期利用中」の人は全体の43.0%
2017.05.25 13:39 更新
TPCマーケティングリサーチ、ゼロ・オフ飲料市場について調査、2016年度は前年比4.8%増の9644億5000万円に
2017.05.23 16:45 更新
富士経済、スキンケア・フレグランスの国内市場の調査、 インバウンド需要に加えて国内需要の開拓も進み好調が続く
2017.05.23 10:14 更新
モンテール、スイーツおよびシュークリームに関する意識調査、男性の約半数が1番好きなスイーツは「シュークリーム」に
2017.05.19 18:10 更新
MMD研究所、20~49歳のスマホ所有の女性対象の料理動画に関する利用実態調査、見たことがある料理動画はクックパッド料理動画・DELISH KITCHEN・kurashiruに
2017.05.08 17:54 更新
富士経済、嗜好飲料や乳性飲料など72品目の市場調査、2016年レギュラーコーヒー市場は前年比4.0%増の3780億円に
2017.05.08 11:11 更新
富士経済、トクホ・機能性表示食品など保健機能食品の国内市場調査、特定保健用食品ではドリンク類が市場をけん引、無糖茶飲料の好調が続く
2017.04.25 18:58 更新
矢野経済研究所、理美容市場に関する調査(2017年)、2016年度は前年度比99.6%の2兆1575億円と微減
2017.04.21 17:25 更新

このページの先頭へ