データ・リポート

アサヒグループ食品、若者世代の働き方やリフレッシュの実態調査、仕事への意識から「7つの働き方タイプ」が判明、自分のタイプを診断できるコンテンツも公開

2019.04.08 16:13 更新

 アサヒグループ食品は、タブレット「MINTIA(ミンティア)」ブランドで、大粒ならではの持続的リフレッシュ価値を提供する「ミンティアブリーズ」から、新商品「ミンティアブリーズ フレッシュグレープ」「ミンティアブリーズ フレッシュレモン」を発売するのにともない、若い世代の働き方やリフレッシュの意識と実態に関する調査を、博報堂キャリジョ研と合同で実施した。この結果、働き方意識には7つのタイプがあり、それぞれに異なる意識を持つことが明らかになった。4月8日から、同調査結果を活用した診断コンテンツ「キャリピ診断~働くあなたが本を出すなら~」を公開した。

 今回、アサヒグループ食品と博報堂キャリジョ研の調査によって判明した働き方意識のタイプは、周りも将来も意識して、要領よく働くちゃっかりキャリアピープル「ちゃっキャリ」、職場の調和と平和を大事にしながらしっかり働く和やかキャリアピープル「和キャリ」、周りに流されず自分の道を極める職人気質な匠キャリアピープル「匠キャリ」、高みを目指して努力し、自分を輝かせたい魅せキャリアピープル「魅せキャリ」、仕事もプライベートも刺激を求めて常に全力のガチンコキャリアピープル「ガチキャリ」、趣味を大事に仕事は定時内できっちり済ませるサクッとキャリアピープル「サクキャリ」、細かいことを気にせず、流れに身を任せて働くナチュラルキャリアピープル「ナチュキャリ」の7つ。それぞれのタイプごとに、働き方に対する意識が異なっているとのこと。


アウタースキン研究所、日焼け止めに関する調査で8割以上の女性が"塗ったのに焼けてしまった"と回答、日焼け止めの使い方が「スキマリスク」を招く原因に

2019.04.02 19:26 更新

 日差しが徐々に強まり、日焼けが気になってくるこれからの季節。春から夏にかけては、紫外線量がピークを迎えるとされており、女性にとっては、紫外線対策の取り組みが必要不可欠になる。しかし、日焼け止めを塗ったのに日焼けをしてしまい、対策に悩んでいる女性も多いようだ。花王のトータルスキンケアブランド「ビオレ」が立ち上げたアウタースキン研究所が実施した調査によると、8割以上の女性が、「しっかりと日焼け止め剤を塗ったはずなのに、いつのまにか日焼けしてしまった」経験があることがわかったという。そこで、アウタースキン研究所と一般財団法人日本気象協会では、“塗っても焼ける”原因を「スキマリスク」として注意を呼びかけ、日焼け止めの正しい使い方などを啓発している。

 アウタースキン研究所では、日常的に日焼け止めを使用している20~40代の女性1545人を対象に、日焼け止めに関するインターネット調査を2月に実施した。その結果、「日焼け止めを塗ったのに日焼けしてしまった」と答えた女性が8割以上を占め、5人に1人が「原因がわからない」と回答していたという。一方で、日焼け止め剤を選ぶ際には、「SPF値やPA値が高いこと」「日焼け止め効果が長続きしそう」といったUV機能よりも、使用感や肌への負担の少なさを重視する傾向があることも明らかになった。


GfKジャパン、2018年の玩具販売動向、金額は前年比3%増で基礎玩具・女児玩具・ゲーム分類がいずれも同6%増と成長をけん引

2019.03.27 16:21 更新

 GfK ジャパンは、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における2018年の玩具(テレビゲーム関連商品、シミュレーション・カードゲーム、ホビー関連商品、雑貨等を含まない純玩具)販売動向を発表した。その結果、2018年の玩具は金額前年比3%増となった。基礎玩具・女児玩具・ゲーム分類がいずれも同6%増と成長をけん引した。クリスマス商戦はスロースタートながら後半に需要が盛り上がり、前年並みの販売を維持した。

 2018年の全国の家電量販店、GMS、インターネットにおける玩具販売は金額前年比3%増となった。販売金額の37%を占める男児玩具は、前年比1%減となった。アニメ放送が開始された「シンカリオン」がレールトイの販売増に大きく貢献したが、一方で「ベイブレードバースト」「スーパー戦隊シリーズ」「ドライブヘッド」など男児キャラクター関連の販売減が響いた。また、販売金額の4%を占めるぬいぐるみ・人形分類も、前年比5%減と前年を下回った。「うまれて!ウーモ」シリーズの前年の盛り上がりが落ち着きを見せたことが背景にある。


葵鐘会、妊娠中の夫婦間に関する意識調査、妻の71%が妊娠中の悩みを誰かに相談、夫は54%が「誰にも相談しない」と回答し夫婦間のギャップが明らかに
2017.09.15 11:51 更新
日本光電、「両親とのつながり」に関する調査、同居していない両親に対して「敬老の日」に「何もしていない」との回答が約6割占める
2017.09.12 12:59 更新
富士経済、高齢者向け食品・宅配・施設給食の市場調査、在宅介護の推進により在宅向け商品の需要が増加
2017.09.06 16:29 更新
TPCマーケティングリサーチ、「インナーUVケア」の実態と商品ニーズ調査、ブランドの認知や摂取経験は「ハイチオールCホワイティア」が最大に
2017.09.01 18:46 更新
GfKジャパン、今年上半期のゴルフ用品販売動向調査、ドライバー・用品類は堅調に推移するも全体では前年を僅かに下回る
2017.08.31 10:10 更新
ドウシシャ、「枕の衛生管理」に関する調査、枕の平均使用年数3.9年でカバーの下に汚れが蓄積している実態が明らかに
2017.08.15 10:38 更新
SUBARU、帰省&レジャーと渋滞に関する意識調査、「渋滞の疲れや負担が減ればお出かけを増やしたい」が約5割、先進運転支援システムを「搭載したい・検討する」は約8割に
2017.08.09 21:59 更新
ミキハウス、「妊活」に関する実態調査、妊活を実施した人は56.1%と過半数を占める、妊活のスタート年齢は30代前半で定着
2017.08.02 16:59 更新
矢野経済研究所、メディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査(2017年)、患者や高齢者の在宅へのシフトによって在宅配食サービス市場は拡大の見通し
2017.07.28 18:04 更新
富士経済、メイクアップおよびボディケアの国内市場の調査、2017年アイブロウ市場は眉ティントが市場をけん引し242億円の見込み
2017.07.19 16:05 更新
富士経済、一般用医薬品の国内市場の調査、皮膚治療薬の2017年見込では2016年比6.9%増の186億円の拡大
2017.07.10 11:49 更新
矢野経済研究所、ボディケア・リフレクソロジー市場に関する調査、2016年の市場規模は前年比101.2%の1093億円とやや鈍化も堅調に推移
2017.07.06 12:22 更新
矢野経済研究所、国内の酒類市場に関する調査、2016年度の市場規模は前年度比99.4%で3兆5738億円の見込
2017.07.03 16:27 更新
富士経済、H・Bフーズ市場の総括分析調査、2016年の国内市場は2兆2329億円見込で2017年も引き続き市場は拡大
2017.06.30 19:06 更新
富士経済、2017年国内清涼飲料市場の調査、17年は前年比0.4%増の5兆1515億円の見込
2017.06.22 00:57 更新
TPCマーケティングリサーチ、スープ市場について用途別・分野別・種類別・フレーバー別に調査、2017年度は2.3%増の1581.5億円と堅調な推移が継続
2017.06.16 18:26 更新
矢野経済研究所、スポーツ用品市場(2017年)に関する調査、2017年は前年比102.6%と予測
2017.06.12 17:45 更新
チューリッヒ生命がビジネスパーソンの抱えるストレスを調査、7割以上がストレスを抱え働く人の5人に1人がストレスを起因とした休職を経験
2017.06.08 10:08 更新
富士経済、27カテゴリー412品目の2016年加工食品市場調査、2016年市場の見込は前年比1.2%増の22兆3006億円に
2017.06.02 19:56 更新
TPCマーケティングリサーチ、酒類総市場について調査、2016年度の低アルコール市場は金額ベースで前年比9.3%増の2606億9000万円に
2017.05.29 14:49 更新

このページの先頭へ