データ・リポート

イーベイ・ジャパン、越境ECに関する実態調査、越境EC担当者の英語レベルは6割が基礎会話レベル、半数以上が開始1年で越境ECに手ごたえ

2019.04.23 16:28 更新

 イーベイ・ジャパンは、同社の越境EC支援サービスを利用し、世界へ向け越境EC事業を3年以上展開している日本企業111社の担当者111名に、越境ECに関する実態調査を実施した。調査の結果、越境ECビジネスの担当人員の英語レベルは、6割が中学生英語の「基礎会話レベル」であり、半数以上が越境EC開始1年で手ごたえを感じていることがわかった。また、販売カテゴリーのトップ3は、「おもちゃ・ホビー・ゲーム」「ファッション」「カメラ関連」となった。今感じている課題は、「プロモーション」「人員不足」が上位に入り、さらなる販売強化を見据えている企業が多いことが浮き彫りとなった。

 調査ではまず、越境ECビジネスを担当する人員の英語のレベルについて聞いたところ、66.67%が「基礎会話レベル」と回答。「日常会話レベル」が19.82%で続き、「ビジネス会話レベル」の11.71%を大きく上回る結果となった。また、越境ECビジネスに手ごたえを感じたのは「1年目」が49.55%とほぼ半数に。

 さらに、半数以上が1ヵ国だけでなく、複数国で広く販売を展開していることが明らかになった。越境EC支援サービスを利用することで、英語に自信がなくても海外とのビジネスを実施することができ、わずか1年で手ごたえを感じるほどの成果が得られ、さらに多国展開が実現できると、多くのメリットを感じていることがうかがえる結果となった。


アサヒグループ食品、若者世代の働き方やリフレッシュの実態調査、仕事への意識から「7つの働き方タイプ」が判明、自分のタイプを診断できるコンテンツも公開

2019.04.08 16:13 更新

 アサヒグループ食品は、タブレット「MINTIA(ミンティア)」ブランドで、大粒ならではの持続的リフレッシュ価値を提供する「ミンティアブリーズ」から、新商品「ミンティアブリーズ フレッシュグレープ」「ミンティアブリーズ フレッシュレモン」を発売するのにともない、若い世代の働き方やリフレッシュの意識と実態に関する調査を、博報堂キャリジョ研と合同で実施した。この結果、働き方意識には7つのタイプがあり、それぞれに異なる意識を持つことが明らかになった。4月8日から、同調査結果を活用した診断コンテンツ「キャリピ診断~働くあなたが本を出すなら~」を公開した。

 今回、アサヒグループ食品と博報堂キャリジョ研の調査によって判明した働き方意識のタイプは、周りも将来も意識して、要領よく働くちゃっかりキャリアピープル「ちゃっキャリ」、職場の調和と平和を大事にしながらしっかり働く和やかキャリアピープル「和キャリ」、周りに流されず自分の道を極める職人気質な匠キャリアピープル「匠キャリ」、高みを目指して努力し、自分を輝かせたい魅せキャリアピープル「魅せキャリ」、仕事もプライベートも刺激を求めて常に全力のガチンコキャリアピープル「ガチキャリ」、趣味を大事に仕事は定時内できっちり済ませるサクッとキャリアピープル「サクキャリ」、細かいことを気にせず、流れに身を任せて働くナチュラルキャリアピープル「ナチュキャリ」の7つ。それぞれのタイプごとに、働き方に対する意識が異なっているとのこと。


アウタースキン研究所、日焼け止めに関する調査で8割以上の女性が"塗ったのに焼けてしまった"と回答、日焼け止めの使い方が「スキマリスク」を招く原因に

2019.04.02 19:26 更新

 日差しが徐々に強まり、日焼けが気になってくるこれからの季節。春から夏にかけては、紫外線量がピークを迎えるとされており、女性にとっては、紫外線対策の取り組みが必要不可欠になる。しかし、日焼け止めを塗ったのに日焼けをしてしまい、対策に悩んでいる女性も多いようだ。花王のトータルスキンケアブランド「ビオレ」が立ち上げたアウタースキン研究所が実施した調査によると、8割以上の女性が、「しっかりと日焼け止め剤を塗ったはずなのに、いつのまにか日焼けしてしまった」経験があることがわかったという。そこで、アウタースキン研究所と一般財団法人日本気象協会では、“塗っても焼ける”原因を「スキマリスク」として注意を呼びかけ、日焼け止めの正しい使い方などを啓発している。

 アウタースキン研究所では、日常的に日焼け止めを使用している20~40代の女性1545人を対象に、日焼け止めに関するインターネット調査を2月に実施した。その結果、「日焼け止めを塗ったのに日焼けしてしまった」と答えた女性が8割以上を占め、5人に1人が「原因がわからない」と回答していたという。一方で、日焼け止め剤を選ぶ際には、「SPF値やPA値が高いこと」「日焼け止め効果が長続きしそう」といったUV機能よりも、使用感や肌への負担の少なさを重視する傾向があることも明らかになった。


TPCマーケティングリサーチ、「熱中症対策」飲料の飲用実態と今後のニーズについて調査、最も「熱中症対策」を意識して飲んだ飲料は「スポーツドリンク」に
2017.11.16 16:14 更新
トロピカーナ、果汁と生産性向上の関係について調査、"100%果汁"の摂取で生産性が高まり脳の働きも活発に
2017.11.15 13:14 更新
TPCマーケティングリサーチ、機能性表示食品の摂取実態とニーズ調査、認知度・摂取経験ともに「カゴメトマトジュース(カゴメ)」がトップ
2017.11.07 10:01 更新
富士キメラ総研、ヘルスケア関連機器・サービス/システムの市場を調査、健康増進マインドや東京五輪開催に伴うスポーツマインドの高まりで拡大
2017.11.01 19:23 更新
TPCマーケティングリサーチ、ヨーグルト・乳酸菌飲料市場について調査、2017年度は前年比2.5%増の5946億円の見込み
2017.10.31 18:10 更新
博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ"2018年ヒット予想"ランキングを発表、1位は「格安スマホ」に
2017.10.30 11:34 更新
TPCマーケティングリサーチ、製パン・製菓原材料市場について調査、2016年度は9956億円に、用途別では製パン用が約6割で製菓用が4割の構成
2017.10.26 20:47 更新
富士経済、外食産業14カテゴリー138業態の総括分析調査、2017年国内の外食産業市場は33兆5390億円の見込
2017.10.25 09:54 更新
富士経済、医療用医薬品 国内市場調査、2025年市場予測では消化器科疾患治療剤が6336億円・腎疾患治療剤が2553億円に
2017.10.23 19:20 更新
富士経済、菓子やスープ類・育児用食品の市場調査、グミキャンディの国内市場2017年は2016年比15.2%増の433億円の見込み
2017.10.19 18:54 更新
矢野経済研究所、アウトドア市場に関する調査(2017年)、2016年の国内市場規模は4274億3000万円に
2017.10.17 20:31 更新
富士経済、料飲店・ファミリーレストランなど外食産業市場8カテゴリー72業態の調査、2017年市場見込ではステーキ・ハンバーグレストランが1116億円に
2017.10.17 13:11 更新
楽天リサーチ、ハロウィーンに関する調査、約5割が日本国内で定着したと感じる一方で7割以上は「特に何もする予定はない」と回答
2017.10.16 19:55 更新
TPCマーケティングリサーチ、ダイエット食品市場について調査、2016年度は前年度比4.1%増の873億円に
2017.10.06 19:28 更新
矢野経済研究所、2017年インナーウェア・レッグウェア小売市場に関する調査、2016年の市場は前年比98.8%の6240億円に
2017.10.06 16:30 更新
TPCマーケティングリサーチ、デリケートゾーントラブルの実態と商品ニーズについて調、トラブルの中では「かゆみ」が出現率52.2%でもっとも高い
2017.10.03 13:38 更新
TPCマーケティングリサーチ、機能性表示食品市場について調査、2016年度の市場は前年度比約3.2倍の851億円に
2017.10.02 16:26 更新
富士経済、一般用医薬品(OTC)の国内市場調査、2017年の一般用医薬品(OTC)市場は6715億円を見込む
2017.09.29 18:28 更新
富士経済、スポーツ・レジャー用品向け機能性素材市場・ITテクノロジー活用動向調査、機能性素材の需要の高さを背景に素材メーカー各社の技術開発が加速
2017.09.28 16:19 更新
富士経済、第1回国内トイレタリーグッズ市場調査、2017年のアリ用殺虫剤市場は28億円・ホイルタイプのクッキングシートは38億円に
2017.09.25 14:56 更新

このページの先頭へ