データ・リポート

TPCマーケティングリサーチ、サラダチキンのマーケティング提案について調査、「サラダチキン」を「週1回以上」使用するヘビーユーザーは「男性の20代・30代」

2019.01.22 18:23 更新

 TPCマーケティングリサーチは、今後のサラダチキンの拡大需要にあたり、誰をターゲットにどのような商品価値を訴求していくと良いかを探るべく、サラダチキンを月1回以上食べている20~60代の男女620人を対象にアンケート調査を実施、その結果を発表した。その結果、「サラダチキン」を「週1回以上」使用する“ヘビーユーザー”は、「男性」「20代・30代」に多かった。

 今回、サラダチキンを月1回以上購入している20~60代の男女を対象に、サラダチキンに関するアンケート調査を実施した。まず、サラダチキンの使用頻度を属性別にみると、男女別では、男性は「週1回以上」が26.5%、女性は16.7%となり、男性の利用率が高かった。また、年代別でみると、「週1回以上」食べる人は「20代」が28.1%でトップとなった。次いで、「30代」が23.3%、「50代」が18.5%、「40代」「60代」が18.3%で続いている。以上のことから、サラダチキンの”ヘビーユーザー”は「男性」「20代・30代」であることがわかった。


矢野経済研究所、国内スポーツアパレル市場(2018年)調査、日常生活で使える汎用性の高いウエアの好調が市場を牽引し2018年はプラス成長の見込み

2019.01.22 15:51 更新

 矢野経済研究所は、国内スポーツアパレル市場を調査し、競技カテゴリー別の市場規模や参入メーカー、流通動向、将来展望を明らかにした。その結果、日常生活で使える汎用性の高いウエアの好調が市場を牽引し、2018年のスポーツアパレル市場(国内出荷額)はプラス成長の見込みであることがわかった。

 2018年のスポーツアパレル国内市場規模はメーカー国内出荷金額ベースで、前年比103.7%の5554億2000万円の見込みである。野球・ソフトボールウエア、テニスウエア、バスケットボールウエアが前年割れとなったものの、その他のカテゴリーにおいては前年を上回る見込みである。特にライフスタイルウエアやアウトドアウエアは前年比2桁を超える高い伸びを見せている。


富士経済、天然由来の機能性素材の市場調査と消費者アンケート調査結果、2025年国内市場予測では天然由来の機能性素材が2750億円に

2019.01.09 16:40 更新

 富士経済は、様々な角度から健康維持・増進機能を訴求した商品開発が進むサプリメントや健康食品、化粧品、一般用医薬品、医療用医薬品などの原料として使用される、天然由来の機能性素材の国内市場を調査した。その結果を「生物由来有用成分・素材市場徹底調査 2019年」にまとめた。トピックスとして、2025年国内市場予測(2017年比)では、スポーツ関連、脳機能改善、ストレス対応、抗疲労などを訴求した素材の市場が活性化し、天然由来の機能性素材が2750億円(27.1%増)に達する見通しだ。また、消費者における美容・健康機能に関する悩み・トラブルランキングでは、「肌(シミ、シワ、乾燥、老化、ニキビなど)」、「運動不足」が男女ともに上位になった。

 この調査では、注目の天然由来の機能性素材について、動物系14品目、植物系28品目、合成系8品目の国内市場の現状を分析し、将来を予想した。また、消費者における健康・美容に関する悩み・トラブルや、成分・素材の認知度や効果の体感性などについて消費者アンケート調査を実施した。


TPCマーケティングリサーチ、ダイエット食品市場について調査、2016年度は前年度比4.1%増の873億円に
2017.10.06 19:28 更新
矢野経済研究所、2017年インナーウェア・レッグウェア小売市場に関する調査、2016年の市場は前年比98.8%の6240億円に
2017.10.06 16:30 更新
TPCマーケティングリサーチ、デリケートゾーントラブルの実態と商品ニーズについて調、トラブルの中では「かゆみ」が出現率52.2%でもっとも高い
2017.10.03 13:38 更新
TPCマーケティングリサーチ、機能性表示食品市場について調査、2016年度の市場は前年度比約3.2倍の851億円に
2017.10.02 16:26 更新
富士経済、一般用医薬品(OTC)の国内市場調査、2017年の一般用医薬品(OTC)市場は6715億円を見込む
2017.09.29 18:28 更新
富士経済、スポーツ・レジャー用品向け機能性素材市場・ITテクノロジー活用動向調査、機能性素材の需要の高さを背景に素材メーカー各社の技術開発が加速
2017.09.28 16:19 更新
富士経済、第1回国内トイレタリーグッズ市場調査、2017年のアリ用殺虫剤市場は28億円・ホイルタイプのクッキングシートは38億円に
2017.09.25 14:56 更新
矢野経済研究所、2017年の国内アイウエア小売市場に関する調査、美容や健康のキーワードで機能を訴求したアイウエアによって市場が拡大
2017.09.15 21:05 更新
葵鐘会、妊娠中の夫婦間に関する意識調査、妻の71%が妊娠中の悩みを誰かに相談、夫は54%が「誰にも相談しない」と回答し夫婦間のギャップが明らかに
2017.09.15 11:51 更新
日本光電、「両親とのつながり」に関する調査、同居していない両親に対して「敬老の日」に「何もしていない」との回答が約6割占める
2017.09.12 12:59 更新
富士経済、高齢者向け食品・宅配・施設給食の市場調査、在宅介護の推進により在宅向け商品の需要が増加
2017.09.06 16:29 更新
TPCマーケティングリサーチ、「インナーUVケア」の実態と商品ニーズ調査、ブランドの認知や摂取経験は「ハイチオールCホワイティア」が最大に
2017.09.01 18:46 更新
GfKジャパン、今年上半期のゴルフ用品販売動向調査、ドライバー・用品類は堅調に推移するも全体では前年を僅かに下回る
2017.08.31 10:10 更新
ドウシシャ、「枕の衛生管理」に関する調査、枕の平均使用年数3.9年でカバーの下に汚れが蓄積している実態が明らかに
2017.08.15 10:38 更新
SUBARU、帰省&レジャーと渋滞に関する意識調査、「渋滞の疲れや負担が減ればお出かけを増やしたい」が約5割、先進運転支援システムを「搭載したい・検討する」は約8割に
2017.08.09 21:59 更新
ミキハウス、「妊活」に関する実態調査、妊活を実施した人は56.1%と過半数を占める、妊活のスタート年齢は30代前半で定着
2017.08.02 16:59 更新
矢野経済研究所、メディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査(2017年)、患者や高齢者の在宅へのシフトによって在宅配食サービス市場は拡大の見通し
2017.07.28 18:04 更新
富士経済、メイクアップおよびボディケアの国内市場の調査、2017年アイブロウ市場は眉ティントが市場をけん引し242億円の見込み
2017.07.19 16:05 更新
富士経済、一般用医薬品の国内市場の調査、皮膚治療薬の2017年見込では2016年比6.9%増の186億円の拡大
2017.07.10 11:49 更新
矢野経済研究所、ボディケア・リフレクソロジー市場に関する調査、2016年の市場規模は前年比101.2%の1093億円とやや鈍化も堅調に推移
2017.07.06 12:22 更新

このページの先頭へ