データ・リポート

参天製薬、「疲れ目」に関する意識・実態調査、疲れ目の2大原因は「酷使」と「乾燥」、眼科医が教える疲れ目対策のポイントとは

2018.01.19 21:40 更新

 参天製薬は、「疲れ目」を自覚する20~40代の男女500名を対象に、「疲れ目」に関する意識・実態調査を実施した。調査の結果、「疲れ目」が日常生活に影響をおよぼすことがあると回答した人は73%に達し、「疲れ目」の原因は「パソコンの長時間利用」と「スマートフォンの長時間利用」が上位に挙がった。また、「疲れ目」の対策方法は「目薬」がトップとなる一方で、選び方については「自信なし」が約8割を占めた。この結果を踏まえ同社では、すみ眼科クリニック院長の藤井澄先生に、「疲れ目」の原因と対策のポイントについて聞いた。

 調査ではまず、「目の疲れが、日常生活に影響をおよぼすことはあるか」と質問したところ、実に73%が「ある」と回答。具体的な声としては、「家事や仕事への集中力ややる気が無くなる」(36歳・女性)、「車の運転に支障が出る」(47歳・男性)、「目が疲れると、同時に頭痛がしてくるときがある」(38歳・男性)などが挙がっており、気分や体調にも影響がおよんでいる様子がうかがえる結果となった。また、「目が疲れたと感じるときの症状」を聞いたところ、「目がショボショボする」(72%)、「目の奥が重いと感じる」(47%)、「目がゴロゴロする」(25%)など、人によって差があることがわかった。


アイランドタワークリニック、日本の薄毛の実態調査、最も効果が期待できそうな薄毛対策は「自毛植毛」に

2018.01.15 17:14 更新

 薄毛治療のアイランドタワークリニックグループは、昨年9月に20代~50代の男女3万4500名を対象に、インターネット調査で実施した「『薄毛』に関するアンケート」の結果を発表した。今回の調査結果では、最も認知度が高い薄毛対策は育毛剤で、最も認知度が低い薄毛対策は自毛植毛であることがわかった。また、「フィステナリド」「ミノキシジル」「自毛植毛」の3つの診療法の中で、“効果が期待できそう”と回答した人が最も多かったのは「自毛植毛」という結果となった。

 調査ではまず、「知っている薄毛対策」(「なんとなく知っている」+「内容について理解している」+「治療費がどの程度かかるか理解している」)を聞いたところ、1位は「育毛剤(医薬部外品)」72.9%、2位が「かつら」71.6%、3位が「増毛」71.5%と続き、「自毛植毛」は41.0%(9位)で最も認知度が低いという数値が出た。


トレンド総研、急増する「資格難民」の実態について調査、資格を活かして就職するためのポイントをキャリアのプロが指南

2018.01.12 21:00 更新

 有効求人倍率が1974年以来の高水準になるなど、求職者にとってかつてないほどの好環境にある中、有資格者の、資格を活用した就業自体は高水準に至っていないのが実状だ。現在、就職・転職のために資格を取得したものの、資格を活かした職業に就けていない「資格難民」たちが多数存在しているとのこと。人によっては、資格の勉強に集中するため前の仕事を辞めてしまい、その後も新しい職が見つからない、というケースもみられるようだ。そこで今回、トレンド総研では、この「資格難民」に注目し、20~30代女性500名を対象にした調査を実施。さらに、「資格難民」に陥らないためのポイントを、キャリアアドバイザーの藤井佐和子氏に聞いた。

 まず、「資格」と「キャリア」に関する意識・実態調査では、「資格を取得したタイミング」について聞いたところ、「学生時代に取得した」(44%)、「仕事をしながら取得した」(35%)、「退職して勉強に専念し、取得した」(13%)などの回答が上位となった。学生のときだけでなく、社会人になってから資格取得にチャレンジしたという人も多いことがわかった。


富士経済、コスメタリースキンケア用品などの国内市場の調査、2016年のヘルスケア分野の国内市場は797億円の見込
2016.12.14 15:32 更新
総合企画センター大阪、介護における低栄養の実態と食品ニーズについて消費者調査、介護における低栄養問題の認知度は2013年から20ポイント以上アップ
2016.12.14 11:44 更新
富士経済、整形外科領域・アレルギー疾患治療剤など医療用医薬品の国内市場調査、2024年市場予測では骨粗鬆症治療剤が3745億円に
2016.12.14 11:23 更新
オープンテーブル、国内外における「海外旅行と外食に関する調査」、世界では約3人に1人が「年に4回以上」海外へ
2016.12.12 18:49 更新
総合企画センター大阪、OTC医薬品市場について調査、2015年度はインバウンド需要の増加により前年度比5.2%増の9500億円に
2016.12.06 15:11 更新
GfKジャパン、家電量販店における暖房器具の販売動向、11月は前年を1割上回り「北海道・東北」地区と「関東・甲信越」地区は2割増に
2016.12.05 18:09 更新
総合企画センター大阪、日本におけるハラール食品市場について調査、2015年度は前年比20.3%増の640億円と拡大
2016.12.01 20:25 更新
ドゥ・ハウス、「1都3県の女性の地方名品購入実態」に関する調査、地方名産品を購入したことがある人は8割近くに
2016.12.01 10:10 更新
矢野経済研究所、飲料市場に関する調査(2016年)、2015年度は微増に転じ2016年度も好調を維持し5兆円規模の回復を予測
2016.11.30 12:03 更新
矢野経済研究所、トイレタリー市場に関する調査(2016年)、2015年度は前年度比103.3%の1兆8374億6900万円に
2016.11.25 17:18 更新
総合企画センター大阪、既婚女性における夕食の実態と惣菜利用ニーズについて調査、8割の女性は「献立決め」や「調理」にストレスを
2016.11.22 19:54 更新
矢野経済研究所、食品通販市場に関する調査(2016年)結果、2015年度は3兆3768億円で前年度比106.3%で順調に拡大
2016.11.17 10:03 更新
お酒を楽しむ女性が増加、飲み過ぎて失敗した人や飲酒が恋愛にとってプラスになることも、妊婦は夫の飲酒にイラっとしている
2016.11.15 17:14 更新
総合企画センター大阪、「脂肪を減らす」商品の摂取実態とニーズについて調査、「脂肪」が気になる部位では「おなか周り」がトップ
2016.11.15 15:44 更新
アサヒグループ食品、フリーズドライ食品のアマノフーズブランドから「かにづくし」セットを新発売
2016.11.14 19:19 更新
JTB総合研究所、スマートフォンの利用と旅行消費に関する調査(2016)、SNSの利用が調査開始以来初めて減少
2016.11.14 17:07 更新
総合企画センター大阪、骨粗鬆症治療についての調査、処方患者数が多い薬剤は「活性型ビタミンD3 製剤」「BP 製剤」「SERM」の順に
2016.11.11 19:06 更新
富士経済、菓子・スナック菓子・スープ類・育児用食品の国内市場の調査、多種多様な志向に対応した商品の育成が進む
2016.11.11 15:04 更新
総合企画センター大阪、メイクアップ市場についての調査、2015年度の市場は前年度比1.2%増と拡大
2016.11.04 15:35 更新
富士経済、国内の化粧品全体市場総括分析結果(2016年見込)、国内需要の活性化への取り組みが進み2兆5077億円(2.5%増)に
2016.10.31 12:10 更新

このページの先頭へ