データ・リポート

TPCマーケティングリサーチ、サロン用化粧品市場について調査、2017年度は前年度比 1.4%増の1684億円の見通しに

2017.11.17 18:39 更新

 TPC マーケティングリサーチは、サロン用化粧品市場について調査を実施した。その結果、2016年度のサロン用化粧品市場は、前年度比1.3%増の1661.5億円となった。特に、アッシュ系を中心としたヘアカラーブームが市場の拡大に寄与している。

 2016年度のサロン用化粧品市場は、前年度比1.3%増の1661.5億円となった。同市場は、販売面では取引店舗数の増加や重点サロンへのサポート体制の強化、不正流通対策の徹底化等により堅調に推移している。また、商品面ではヘッドスパやオーガニックなど高付加価値の商品・サービスの提供を謳ったブランドの投入や、アッシュ系をはじめとするヘアカラーブーム等が、市場の拡大に寄与している。


TPCマーケティングリサーチ、「熱中症対策」飲料の飲用実態と今後のニーズについて調査、最も「熱中症対策」を意識して飲んだ飲料は「スポーツドリンク」に

2017.11.16 16:14 更新

 TPCマーケティングリサーチは、「熱中症対策」飲料の飲用実態と今後のニーズを探るべく、20代~60代の男女を対象にアンケート調査を実施した。その結果、最も「熱中症対策」を意識して飲んだ飲料は、「スポーツドリンク」がトップとなった。以下、「水・ミネラルウォーター」、「自宅でいれたお茶(麦茶)」、「麦茶(自宅でいれたものを除く)」が続いた。

 今回、20代~60代の男女を対象に、2017年夏における「熱中症対策」飲料に関する調査を実施した。調査の結果、最も「熱中症対策」を意識して飲んだ飲料は、「スポーツドリンク」が出現率33.0%でトップとなった。次いで、「水・ミネラルウォーター」が同19.9%、「自宅でいれたお茶(麦茶)」が同12.2%、「麦茶(自宅でいれたものを除く)」が同10.4%と続いている。なお、これらの出現率は1割以上となっている。


トロピカーナ、果汁と生産性向上の関係について調査、"100%果汁"の摂取で生産性が高まり脳の働きも活発に

2017.11.15 13:14 更新

 現在、厚生労働省を中心に進められている「働き方改革」では、それぞれのニーズにあった、納得のいく働き方を実現する取り組みの軸の一つとして、長時間労働の解消があげられている。効率よく、なるべく短時間で仕事を終わらせることは、男女問わず家庭生活とキャリア形成の両立を図る上で非常に大切になる。法改正により時間外労働の上限規制が段階的に導入されつつある今、“生産性”は仕事に関わる能力の主軸としてさらに重要視されると予測される。そこで今回、トロピカーナでは、100%果汁の摂取状況によって生産性がどのように変わるのか意識調査するとともに、杏林大学名誉教授・古賀良彦先生の協力を得て「100%果汁(オレンジジュース)が脳の働きに与える影響」について実験を行い、果汁と生産性向上の関係について調査した。

 今回の意識調査に当たって、トロピカーナでは、仕事の生産性をアップするために必要な能力について、「主要素=作業スピード、精度の高さ」、「作業スピード/精度の高さを実現するための要素=集中力、ひらめき、パフォーマンス」と定義づけしたという。そして、これらの要素に対して、朝、果汁を飲む習慣のある人とない人ではどれくらいの差が見られるのか意識調査を行い、仕事の生産性に果汁がどの程度影響を与えるのかを調べた。


富士経済、コスメタリースキンケア用品などの国内市場の調査、2016年のヘルスケア分野の国内市場は797億円の見込
2016.12.14 15:32 更新
総合企画センター大阪、介護における低栄養の実態と食品ニーズについて消費者調査、介護における低栄養問題の認知度は2013年から20ポイント以上アップ
2016.12.14 11:44 更新
富士経済、整形外科領域・アレルギー疾患治療剤など医療用医薬品の国内市場調査、2024年市場予測では骨粗鬆症治療剤が3745億円に
2016.12.14 11:23 更新
オープンテーブル、国内外における「海外旅行と外食に関する調査」、世界では約3人に1人が「年に4回以上」海外へ
2016.12.12 18:49 更新
総合企画センター大阪、OTC医薬品市場について調査、2015年度はインバウンド需要の増加により前年度比5.2%増の9500億円に
2016.12.06 15:11 更新
GfKジャパン、家電量販店における暖房器具の販売動向、11月は前年を1割上回り「北海道・東北」地区と「関東・甲信越」地区は2割増に
2016.12.05 18:09 更新
総合企画センター大阪、日本におけるハラール食品市場について調査、2015年度は前年比20.3%増の640億円と拡大
2016.12.01 20:25 更新
ドゥ・ハウス、「1都3県の女性の地方名品購入実態」に関する調査、地方名産品を購入したことがある人は8割近くに
2016.12.01 10:10 更新
矢野経済研究所、飲料市場に関する調査(2016年)、2015年度は微増に転じ2016年度も好調を維持し5兆円規模の回復を予測
2016.11.30 12:03 更新
矢野経済研究所、トイレタリー市場に関する調査(2016年)、2015年度は前年度比103.3%の1兆8374億6900万円に
2016.11.25 17:18 更新
総合企画センター大阪、既婚女性における夕食の実態と惣菜利用ニーズについて調査、8割の女性は「献立決め」や「調理」にストレスを
2016.11.22 19:54 更新
矢野経済研究所、食品通販市場に関する調査(2016年)結果、2015年度は3兆3768億円で前年度比106.3%で順調に拡大
2016.11.17 10:03 更新
お酒を楽しむ女性が増加、飲み過ぎて失敗した人や飲酒が恋愛にとってプラスになることも、妊婦は夫の飲酒にイラっとしている
2016.11.15 17:14 更新
総合企画センター大阪、「脂肪を減らす」商品の摂取実態とニーズについて調査、「脂肪」が気になる部位では「おなか周り」がトップ
2016.11.15 15:44 更新
アサヒグループ食品、フリーズドライ食品のアマノフーズブランドから「かにづくし」セットを新発売
2016.11.14 19:19 更新
JTB総合研究所、スマートフォンの利用と旅行消費に関する調査(2016)、SNSの利用が調査開始以来初めて減少
2016.11.14 17:07 更新
総合企画センター大阪、骨粗鬆症治療についての調査、処方患者数が多い薬剤は「活性型ビタミンD3 製剤」「BP 製剤」「SERM」の順に
2016.11.11 19:06 更新
富士経済、菓子・スナック菓子・スープ類・育児用食品の国内市場の調査、多種多様な志向に対応した商品の育成が進む
2016.11.11 15:04 更新
総合企画センター大阪、メイクアップ市場についての調査、2015年度の市場は前年度比1.2%増と拡大
2016.11.04 15:35 更新
富士経済、国内の化粧品全体市場総括分析結果(2016年見込)、国内需要の活性化への取り組みが進み2兆5077億円(2.5%増)に
2016.10.31 12:10 更新

このページの先頭へ