データ・リポート

敏感肌用スキンケアブランド「アルージェ」が「恋愛とスキンケア」に関するWEB調査を実施、肌荒れのせいで好きな異性に会いたくない人は4割に

2019.02.20 17:08 更新

 全薬工業が展開する敏感肌用スキンケアブランド「アルージェ」は、平成最後のバレンタインデーを前に、全国の20~30代男女300名を対象に「恋愛とスキンケア」に関するインターネット調査を1月18日から1月21日まで実施した(アルージェ敏感肌研究室調べ)。今回の調査結果から、実生活においてもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上でのコミュニケーションにおいても、肌荒れを気にする男女は多く、約6割が肌荒れのせいで恋愛に消極的となる傾向がみられた。また、好きな異性と会う前には約半数が入念にスキンケアを行うなど、肌をきれいに見せたいという意識が強いこともわかった。平成時代を生きる20代、30代はSNSの普及によって肌を見られる機会が拡大し、より自分や他人の肌状態を意識する場面が増えたこともその一因かもしれない。

 今年のバレンタインデーに好きな異性に会う予定が「ある」「会いたいと考えている」と答えた人は計32.4%と、約3人に1人が好きな異性と過ごす予定であることがわかった。一昔前までは、バレンタインデーは女性から男性に告白するイベントとして定着していたが、今では「友チョコ」や自分へのご褒美として購入する「自分チョコ」がブームとなるなど、時代の流れとともに様変わりしている。しかしながら、平成最後のバレンタインデーとなる今年も、男女が一緒に過ごしたいと考えるイベントの一つのようだ。


ハイサイド・コーポレーション、ドクターズコスメに関するインターネット調査、ドクターズコスメ使用者は他人から肌を褒められる傾向に

2019.02.06 18:08 更新

 化粧品、医薬部外品の企画・開発・販売などを手掛けるハイサイド・コーポレーションが展開するドクターズコスメ「アンプルール」は、全国の美容従事者630名を対象にドクターズコスメに関するインターネット調査を1月10日から15日まで実施した。ドクターズコスメとは、医師や医療機関などの専門家が開発もしくは監修しているコスメを指す。今回の調査結果から、商品への安心感や信頼性の高さからドクターズコスメを選択する女性が多く、実際に使用した後は効果・効能や品質の良さに満足していることが明らかとなった。

 美容従事者630名では、ドクターズコスメを「よく知っている」「知っている」「あまり知らないが、聞いたことはある」と答えた人は計90.6%にのぼり、認知度は非常に高いことがわかった。しかし一方で「使用経験あり」と回答した人は、58.8%にとどまっている。その理由として、ドクターズコスメの販路はクリニックや専門店、ECがメインであるため、偶然商品に出会う機会が少ないことが挙げられる。また商品の特性上、肌悩みが明確でないと自分に合ったドクターズコスメを探さないことも影響していると考えられる。


TPCマーケティングリサーチ、サラダチキンのマーケティング提案について調査、「サラダチキン」を「週1回以上」使用するヘビーユーザーは「男性の20代・30代」

2019.01.22 18:23 更新

 TPCマーケティングリサーチは、今後のサラダチキンの拡大需要にあたり、誰をターゲットにどのような商品価値を訴求していくと良いかを探るべく、サラダチキンを月1回以上食べている20~60代の男女620人を対象にアンケート調査を実施、その結果を発表した。その結果、「サラダチキン」を「週1回以上」使用する“ヘビーユーザー”は、「男性」「20代・30代」に多かった。

 今回、サラダチキンを月1回以上購入している20~60代の男女を対象に、サラダチキンに関するアンケート調査を実施した。まず、サラダチキンの使用頻度を属性別にみると、男女別では、男性は「週1回以上」が26.5%、女性は16.7%となり、男性の利用率が高かった。また、年代別でみると、「週1回以上」食べる人は「20代」が28.1%でトップとなった。次いで、「30代」が23.3%、「50代」が18.5%、「40代」「60代」が18.3%で続いている。以上のことから、サラダチキンの”ヘビーユーザー”は「男性」「20代・30代」であることがわかった。


富士経済、菓子類・フリーズドライみそ汁などスープ類の市場調査、2018年はポテトチップスの原料不足解消によってほかのスナック菓子は前年増加の反動減に
2018.11.14 10:02 更新
TPCマーケティングリサーチ、チーズ市場について調査、2018年度は金額ベースで前年比4.1%増の3519億円に
2018.11.12 12:29 更新
ハウス食品、子どもが普段食べている食事を六大栄養素に基づいて調査、8割の子どもに「新型栄養失調」のリスクあり、子どもの食を考える特別授業ムービー「満点栄養教室」を公開
2018.11.09 19:27 更新
矢野経済研究所、国内の流通菓子市場調査、2016年度に2兆円を突破、2017年度は前年度比1.2%増の2兆353億円に
2018.11.09 15:07 更新
口臭予防ブランドの「ブレスラボ」、働く女性が気になる口臭とオーラルケアトレンドに関する実態調査、口臭が気になると職場での近距離会話の理解度が約半分に
2018.11.08 15:00 更新
ファーストペンギン、企業間のクレジットカード決済に関する調査を実施、4割を超える中小企業が導入によって"業務効率化"につながったと回答
2018.11.02 22:48 更新
TPCマーケティングリサーチ、アンチエイジング化粧品市場について調査、2017年度は前年度比10.7%増の3620億円に
2018.11.02 12:29 更新
矢野経済研究所、2017年の国内オーガニック食品市場の調査、2017年は前年比102.3%の1785億円と年率1~2%増の成長が続く
2018.10.30 20:11 更新
MMD研究所、ファッション・美容関連サービスに関する調査、利用経験が最も高いのは「ファッション雑誌」で15.8%に
2018.10.30 13:46 更新
TPCマーケティングリサーチ、「熱中症対策」飲料の飲用実態と今後のニーズについて調査、女性の中・高年層を中心に対策意識高まる
2018.10.29 15:36 更新
東京商工リサーチ、「消費増税に関するアンケート」調査、消費増税について「景気は悪くなる」が約6割・軽減税率は「影響はない」が半数
2018.10.25 10:15 更新
TPCマーケティングリサーチ、健康食品の通販事業戦略について調査、2017年度の市場は前年度比3.6%増の5040億円に
2018.10.22 18:12 更新
女性に対して「男性の白髪ケア意識向上」啓発を目的に設立された「白髪ケア学園」、男性の白髪に関する緊急アンケートを実施、女性はパートナー男性の"放置白髪"を気にしている
2018.09.20 20:14 更新
富士経済、国内トイレタリー用品市場調査(第1弾)結果、2018年市場見込では軽失禁ライナー・ナプキン(パッド)が365億円に
2018.09.10 18:11 更新
矢野経済研究所、2017年の国内ゴルフ用品市場の調査、2587億円と前年比1.6%のプラスに
2018.09.07 19:02 更新
富士経済、一般用医薬品・スイッチOTCの国内市場調査、一般用医薬品は6639億円・スイッチOTCは1714億円と共に2017年比プラスの見込み
2018.09.04 15:40 更新
矢野経済研究所、生命保険領域における国内InsurTech(インシュアテック)市場、2018年度は前年度比115%の690億円を見込む
2018.08.28 11:06 更新
GfKジャパン、2018年のエアコンの販売動向を発表、記録的猛暑から7月は大幅なプラス成長へ
2018.08.24 11:28 更新
埼玉の出前注文メニューランキング、暑さで麻婆豆腐やカレーなど辛いメニューが昨対比増に、出前の人気は肉系カレー
2018.08.14 17:44 更新
矢野経済研究所、2017年の国内アウトドア関連市場調査、前年比103.2%の4398億3000万円と推計
2018.08.13 12:24 更新

このページの先頭へ