データ・リポート

TPCマーケティングリサーチ、市販用めん類市場について調査、2019年度は前年比2.0%増の9561億円規模に

2020.08.21 15:54 更新

 TPCマーケティングリサーチは、市販用めん類の市場について調査を実施、その結果を発表した。その結果、2019年度の市販用めん類の総市場規模は、前年比2.0%増の9561億円規模となった。

 市販用めん類の2019年度の総市場規模は9561億円となった。直近10年の市場動向をみると、消費増税の影響で前年割れとなった2014年度を除いて、毎年1~2%前後のプラス推移を続けている。

 即席めんや冷凍めんは、おいしさや手軽さ、経済性、保存性といった商品価値が支持されていることに加え、大手メーカーがロングセラーブランドを中心に、新アイテムの積極投入、話題性のあるプロモーションを継続的に実施していることなどから、市場は概ねプラス成長を続けている。

 チルドめんは、簡便志向の高まりや他のめん類との競合などによって、長期的にダウントレンドとなっているが、2019年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響による内食需要の高まりを追い風にプラス推移となった。乾めん、パスタについても、2019年度はコロナ禍による特需によって、いずれも伸長した。

 2020年8月現在、感染拡大の収束の兆しは見えない状況であり、今後も内食需要の高止まりが続くとみられる。このことから、めん類市場は2020年度も引き続き全般に伸長する方向にあり、同2.1%増の9762億円となる見込み。

TPCマーケティングリサーチ=https://tpc-cop.co.jp/


このページの先頭へ