データ・リポート

TPCマーケティングリサーチ、女性の頭皮・髪に関する意識・実態調査、現在気になっている頭皮・髪の悩みは約6割が「白髪」と回答

2020.06.13 10:41 更新

 TPCマーケティングリサーチは、スキンケアおよびメイクアップを週に1回以上行っている20~70代の女性1236名を対象に、女性の頭皮・髪に関するアンケート調査を実施した。その結果、現在気になっている頭皮・髪の悩みについては、約6割が「白髪」と回答した。また、意識的に頭皮ケアを行っている悩みとして最も多かったのは「頭皮の汚れ」だった。

 調査の結果、自身の頭皮・髪に関する悩みについては、「白髪」が58.6%で最も多くなった。また、年代別でみると20~30代は「髪の傷み」、40~70代は「白髪」が最も多く挙がっている。さらに、悩みに対して頭皮を意識したケアを行っている層が最も多かったのは「頭皮の汚れ」となった。2位以下は、「髪の傷み」「髪のパサつき」「からみ」「白髪」と、髪に関する悩みが続いている。

 ヘアケアアイテムを選ぶ際の選定ポイントとして最も多かったのは、「自分の髪質に合っていること」であった。その次に「安心・安全」、「髪にやさしい」という回答が続き、“安心さ”を重視する女性が多くなっていることが分かった。

 この1年間で美容院・サロンに通った回数は、平均4.6%となり、年代別では70代が5.9回で最も多くなった。また、この1年間で1回以上美容院・サロンに通った人のうち、店頭での商品購入率は29.0%で、約3人に1人が購入していることが分かった。購入したきっかけとしては、「スタッフの勧め」が多く挙がっている。

TPCマーケティングリサーチ=http://tpc-cop.co.jp/


このページの先頭へ