データ・リポート

博報堂、第1回 新型コロナウイルスに関する生活者調査(2020年4月)、現在の生活自由度・普段の暮らしを100点とすると54.3点

2020.04.20 14:05 更新

 博報堂のシンクタンク博報堂生活総合研究所は4月、新型コロナウイルスの感染が拡大している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施した(調査実施は4月2~6日 政府の緊急事態宣言前、対象は首都圏・名古屋・阪神圏の20~69歳の男女1500名、一部調査項目については3月から実施 調査概要は5ページ参照)。その結果、現在の生活自由度、普段の暮らしを100点とすると54.3点であることがわかった。また、不安に感じることのトップは「経済の停滞」の91.2%だった。

 感染拡大以前の普段の状態を100点としたとき、現在の状況下における「生活自由度」が何点くらいかをきいたところ、54.3点となった。

 また新型コロナウイルス感染拡大に伴う不安や、抑制している行動、変化している行動など30項目について尋ねたところ、「経済の停滞に不安を感じる」が91.2%と最も高くなった。行動については「旅行・レジャーを控えている」88.7%、「交友・交際を控えている」85.1%など、さまざまな行動を抑制しているとの回答が高くなった。一方で「外出を控え、インターネット通販や出前を利用するようにしている」は38.9%、「できるだけテレワーク(在宅勤務)をするようにしている」は23.5%(有職者ベース)と、比較的低い値に留まった。

 同調査は当面の期間実施し、毎月第3週頃に発表する予定となっている(今後の状況変化によって、調査内容等を変更する可能性がある)。

博報堂=https://www.hakuhodo.co.jp/


このページの先頭へ