データ・リポート

TPCマーケティングリサーチ、焼菓子専門店市場について調査、2019年度は前年比2.4%増の8009億円に

2019.06.18 18:22 更新

 TPCマーケティングリサーチは、焼菓子専門店について調査を実施、その結果を発表した。2018年度の焼菓子市場は、前年比2.4%増の7825億円となった。

 2018年度の焼菓子市場は、前年度比2.4%増となった。近年の焼菓子市場はプラスでの推移が続いており、2015年度比で7.9%増と好調に拡大している。近年の焼菓子市場はクッキーやケーキ類、バームクーヘンが牽引役となり、安定した成長を続けている。特に空港、駅売店における土産需要の拡大や手土産ニーズに対応した商品の需要増などが影響し、大手専門店メーカーのアイテムを中心に市場規模が拡大している。一方、他の分野との競合激化により、どら焼きといった包餡系の和菓子類は伸び悩みが続いている。

 2019年度は、前年比2.4%増の8009億円となる見込み。訪日外国人におけるインバウンド需要によって土産菓子の好調が続き、プラスで推移していく。また、Eコマースといった利便性を追求したチャネルも需要が高まる見通しである。

TPCマーケティングリサーチ=https://tpc-cop.co.jp/


このページの先頭へ