データ・リポート

楽天リサーチ、夏季休暇に関する調査、夏季休暇は「自宅で過ごす」が4割に、理由は「どこに行っても混んでいるため」が半数以上

2018.07.17 17:30 更新

 楽天リサーチは、「夏季休暇に関する調査」をインターネットで実施した。今回の調査は、6月11日から6月12日の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20代から60代の男女1000人を対象に行った。その結果、夏季休暇は「自宅で過ごす」が4割で、理由は「どこに行っても混んでいるため」が半数以上だった。

 今年、夏季休暇(お盆休みなど)を取得するかを聞いたところ、「はい」と答えた人が57.3%と半数以上を占めた。「いいえ」と回答した人が18.8%、「未定」が19.5%、「その他(別の時期に取得する)」が4.4%だった。また、職業別に見ると、「会社員」では、「はい」と回答した人が65.5%であるのに対して、「公務員・団体職員」では84.8%だった。

 夏季休暇を取得する予定の人に、理想の取得日数と、現実の取得日数(取得した日数)を聞いたところ、「理想」では、「8~14日」(29.4%)、「6~7日」(28.9%)を挙げた人が多く、続いて「4~5日」(14.7%)となった。「現実」では、「4~5日」が34.3%で最も多く、以下「8~14日」(19.6%)、「6~7日」(18.5%)と続いた。平均日数は「理想」:11.0日、「現実」:6.8日となり、「現実」が4.2日少なかった。

 夏季休暇を取得する予定の人に、夏季休暇に何をするかを聞いたところ(複数選択)、「自宅で過ごす」が40.1%で最も高かった。以下「国内旅行」(36.0%)、「帰省」(31.3%)と続いた。

楽天リサーチ=https://monitor.research.rakuten.co.jp


このページの先頭へ