データ・リポート

矢野経済研究所、2017年インナーウェア・レッグウェア小売市場に関する調査、2016年の市場は前年比98.8%の6240億円に

2017.10.06 16:30 更新

 矢野経済研究所は、国内のインナーウェア・レッグウェア小売市場の調査を実施した。その結果、016年のレディスインナーウェア小売市場は前年比98.8%の6240億円となった。際立ったヒット商品が生まれず市場は苦戦が続くが、快適性インナーが安定人気であることがわかった。

 2016年のレディスインナーウェア小売市場は、前年比98.8%の6240億円と5年連続の縮小となった。2016年も際立ったヒット商品がなかったが、その中では、ワイヤレスブラ、ノンワイヤーブラなどの快適性に訴求したインナーウェアが注目を集め、各社も注力している。

 2016年のメンズインナーウェア小売市場は、前年比98.3%の2590億円と4年連続で減少した。チャネル別にみるとカジュアルウェア専門店はほぼ横ばい、通販その他では増加基調で推移したが、百貨店や量販店のマイナス分をカバーしきれていない傾向が続いている。

 2016年のレッグウェア小売市場は、前年比98.7%の190億円と微減となった。2016年も引き続きプレーンストッキングが比較的好調に推移した。しかし、市場をけん引するようなアイテムに乏しい状況が続いている。

[調査要綱]
調査期間:7月~9月
調査対象:インナーウェア・レッグウェア市場に参入している製造業、卸売業、小売業等
調査方法:同社専門研究員による直接面接、及び郵送アンケートならびに文献調査を併用

矢野経済研究所=http://www.yano.co.jp


このページの先頭へ