データ・リポート

TPCマーケティングリサーチ、ゼロ・オフ飲料市場について調査、2016年度は前年比4.8%増の9644億5000万円に

2017.05.23 16:45 更新

 TPCマーケティングリサーチは、ゼロ・オフ飲料市場について調査を実施し、その結果を発表した。その結果、ゼロ・オフ飲料の市場は、引き続き拡大。2016年度は前年比4.8%増の9644億5000万円になった。

 2016年度のゼロ・オフ飲料市場は、金額ベースで前年比4.8%増の9644億5000万円、数量ベースで4.5%増の5億2095万ケースとなった。同市場は、健康志向の高まりによって、幅広いカテゴリーで伸びている。特に、コーヒー飲料や茶系飲料、紅茶飲料などが好調に推移しており、全体を牽引している。一方、スポーツ・機能性飲料や炭酸飲料は伸び悩んでいる。

 2017年度は、金額ベースで前年比2.7%増の9904億2000万円、数量ベースで前年比2.4%増の5億3365万ケースとなる見込みだ。種類別では、前年に引き続きコーヒー飲料や茶系飲料、紅茶飲料が好調を維持すると見られる。

 種類別では、コーヒー飲料が4429億8000万円で最大となった。次いで、茶系飲料が1805億1000万円、スポーツ・機能性飲料が1433億4000万円、炭酸飲料が1051億9000万円などと続いている。コーヒー飲料はブラック無糖や微糖商品が順調に推移したことによって、前年比5.6%増となった。2017年度も、これら商品が伸長を続けると見られ、前年比3.8%増の4598億8000万円となる見通しだ。茶系飲料は、前年比9.6%増となった。同カテゴリーは、好調に推移している麦茶飲料が全体を牽引している。また、ブレンド茶でもトップブランドの「爽健美茶」(日本コカ・コーラ)が全面リニューアルでゼロ・オフを強く訴求したことで前年を上回ったことも、拡大要因として挙げられる。2017年度は、麦茶飲料の他にトクホの商品も売り上げの拡大に寄与し、前年比4.1%増の1878億8000万円となると見られる。

 スポーツ・機能性飲料は、消費者の需要が減少したことで前年比2.7%減となった。同カテゴリーは、甘さの強い商品が多いため、その甘さを嫌がる消費者が他のカテゴリーに移っていることから、苦戦が続いている。2017年度は、甘さを弱め飲みやすさを訴求した商品のラインアップが広がると見られることから、1433億9000万円と微増推移が予想される。炭酸飲料は、前年比0.9%減の推移となった。減少の要因としては、同カテゴリーのゼロ・オフ飲料の健康訴求が他のカテゴリーに比べ、弱いことが挙げられる。2017年度も、他カテゴリーとの競合が激しくなると見られることから、前年比3.1%減の1,019億5000万円となる見込みだ。その他のカテゴリーでは、紅茶飲料が前年比30.5%増となっている。同カテゴリーは、シェアトップの「午後の紅茶」ブランド(キリンビバレッジ)が積極的に商品を展開していることから、売上も拡大している。また、野菜系飲料も小規模ながら83.3%増と大きく伸長している。

[調査要覧]
調査対象:ゼロ・オフ飲料
 カロリー(カロリーゼロ、ノンカロリー、カロリーオフ、ローカロリー、低カロリー)
 糖類(糖類ゼロ・オフ、無糖ブラック、無糖、微糖ブラック、微糖、ブラック)
 カフェイン(カフェインゼロ、ノンカフェイン、カフェインレス、カフェインオフ)
 脂肪(脂肪ゼロ、低脂肪)
調査対象企業:日本コカ・コーラ、サントリー食品インターナショナル、アサヒグループホールディングス、キリンビバレッジ、伊藤園、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、ダイドードリンコ
調査期間:2016年12月~2017年3月
資料名:「2017年ゼロ・オフ飲料の市場分析調査」―明確な健康訴求と付加価値訴求で需要が拡大するゼロ飲料市場―
発刊日:3月27日
頒価:8万7000円(税別)

TPCマーケティングリサーチ=http://www.tpc-osaka.com


このページの先頭へ