データ・リポート

エバラ食品、手作り弁当に関する意識調査、男性は「妻」・女性は「子ども」のために弁当を作ってあげたい、手作り弁当を食べると相手への愛情が増すと8割が回答

2017.03.27 12:17 更新

 エバラ食品工業(以下、エバラ食品)は、2月18日から19日の2日間、20~60代の男女1000人を対象に「手作りのお弁当に関する意識調査」をインターネットリサーチで実施した。その結果、男性は「妻」・女性は「子ども」のために弁当を作ってあげたい、手作り弁当を食べると相手への愛情が増すと8割が回答した。

 昨今、子どもが自分で弁当を作って食べる食育活動「お弁当の日」の全国的な広がりや、有職主婦の増加にともなう男性の家事参加、長引く節約志向、健康志向の高まりなどを背景に、弁当を作る機会が増えている。そこで今回、同社では弁当が持つ価値や、弁当がもたらす変化について調査を行った。


TPCマーケティングリサーチ、関節リウマチの治療について患者調査、生物学的製剤の使用者は治療効果に対する評価・満足度ともに非使用者より高い

2017.03.22 12:42 更新

 TPC マーケティングリサーチは、関節リウマチの薬物治療を受けている30歳以上の男女を対象に、治療満足度、評価等についてwebアンケート調査を実施した。その結果、生物学的製剤の使用者は、治療効果に対する評価、満足度ともに非使用者より高いことが明らかとなった。

 薬物治療の効果を5段階で評価してもらいウエイト値に換算して比較すると、「生物学的製剤のみ」「内服薬+生物学的製剤」はいずれも1.19で、「内服薬のみ」の0.76を大きく上回った。また、分子標的薬(生物学的製剤または「ゼルヤンツ」)使用者全体の評価は1.19で、使用ブランド別では「エンブレル」「アクテムラ」「レミケード」の順に評価が高かった。


楽天トラベル、2017年春の国内旅行動向、家族旅行が前年比1.2倍に伸張、人気エリアは東北から3県がランクイン

2017.03.16 17:22 更新

 旅行予約サービス「楽天トラベル」は、 3月1日から4月28日間の国内旅行の2名以上利用の予約人泊数(予約人数×泊数)をもとに、 2017年 春の国内旅行動向を発表した。人気上昇エリアランキングでは、 TOP10内には東北エリアから3県(1位が山形県、 6位が青森県、 7位が岩手県)、 北関東エリアから2県(2位が栃木県、 10位が茨城県)、 山陰山陽エリアから2県(4位が山口県、 9位が島根県)がランクインした。

 国内旅行全体は前年同期比+16.3%と好調で、宿泊者構成別では子連れ利用者の予約が+23.2%(約1.2倍)に伸張している。2017年春の国内旅行先人気上昇エリアランキングトップ10をみてみると、東北エリアでは1位山形県が前年同期比+37.3%(約1.4倍)、6位青森県が+30.3%(約1.3倍)、7位岩手県が+28.3%(約1.3倍)となりTOP10内に3県がランクインした。山形県は県内在住者の予約が+51.9%(約1.5倍)と伸張しており、エリア別では春のスキー・スノボ旅行が好調な山形市内・蔵王・かみのやま温泉エリアが+44.0%(約1.4倍)に伸張している。青森県では2016年3月開業の北海道新幹線の影響でアクセスが良くなり、北海道在住者の予約が+43.1%(約1.4倍)、訪日外国人旅行者の予約が+121.0%(約2.2倍)と好調だ。岩手県は東北6県在住者の予約が+34.9%(約1.3倍)、エリア別では鶯宿温泉を中心に雫石エリアが+63.9%(約1.6倍)と好調で、特に家族旅行が+87.7%(約1.9倍)に伸張している。


日本テトラパック、リサイクル意識に関する調査、約8割がベルマーク運動に参加して環境への関心度が向上、9割以上がFSCラベルなどの環境マークを子供に知らせたい
2017.03.15 19:41 更新
日本臨床検査薬協会、臨床検査に関する意識調査、健康診断を「受けてよかった」が半数以上を占めるも「検査結果を理解できた」は3割未満にとどまる
2017.03.15 13:53 更新
マイボイスコム、「つけもの」に関する調査、8割強は市販のつけものを購入、自宅でつける人は2割強に
2017.03.01 12:38 更新
富士経済、調味料・調味食品78品目の加工食品国内市場の調査、2016年のドレッシング市場はノンオイルタイプがけん引し968億円(1.6%増)に
2017.02.24 11:04 更新
富士経済、アンチエイジングやホワイトニングなどの機能を訴求する機能性化粧品国内市場の調査、2016年のアンチエイジング市場は6666億円に
2017.02.22 11:09 更新
富士経済、デザート、米飯・めん類など64品目の国内市場調査、雑穀では腸内フローラ改善効果でもち麦の需要が増加
2017.02.13 16:31 更新
総合企画センター大阪、飲料自販機について消費者調査、「ヘビーユーザー」(週に3回以上利用)は「男性」で「20代~40代」が中心
2017.01.30 11:47 更新
矢野経済研究所、スポーツアパレル市場に関する調査、2016年の国内出荷市場は前年比101.0%とプラス成長の見込
2017.01.16 18:44 更新
インターエデュ・ドットコム、子どもの受験期に母が行った食事での風邪予防、1位はヨーグルトに
2017.01.15 14:24 更新
総合企画センター大阪、アンチエイジング化粧品市場について調査、2015年度は前年度比3.4%増の3205億円に
2017.01.14 14:53 更新
矢野経済研究所、エステティックサロン市場に関する調査(2016年)、市場規模は前年度比100.3%の3572億円の見込に
2017.01.11 10:04 更新
矢野経済研究所、コメビジネス・米飯市場に関する調査(2016年)、2016年度の米飯市場は前年度比102.1%の2兆4203億円の見込
2017.01.05 17:30 更新
セコム、20代以上の男女を対象の「日本人の不安に関する意識調査」、「最近不安を感じている」人は7割を上回る結果に
2017.01.05 11:38 更新
ドゥ・ハウス、「炭酸水・スパークリングウォーター」に関する調査、食事に合わせたりアルコール代わりなど様々な場面で飲用
2016.12.30 10:49 更新
富士経済、冷凍調理済食品・チルド調理済食品・アルコール飲料の国内市場調査、多種多様な志向に対応した商品の育成が進む
2016.12.26 19:45 更新
オールコネクト、人とのつながりに関する調査、普段使用しているコミュニケーションツールは「電話」「メール」「LINE」がトップ3に
2016.12.26 18:32 更新
シード・プランニング、「国内の高齢者/病者用食品市場規模」調査、高齢者用食品市場は2015年で約1170億円の規模に
2016.12.22 19:23 更新
総合企画センター大阪、抗炎症薬市場について調査、2015年度の日・米・欧3極における市場規模は前年度比19.7%増の5兆3747億円に
2016.12.19 15:15 更新
富士経済、コスメタリースキンケア用品などの国内市場の調査、2016年のヘルスケア分野の国内市場は797億円の見込
2016.12.14 15:32 更新
総合企画センター大阪、介護における低栄養の実態と食品ニーズについて消費者調査、介護における低栄養問題の認知度は2013年から20ポイント以上アップ
2016.12.14 11:44 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ