データ・リポート

矢野経済研究所、スポーツアパレル市場に関する調査、2016年の国内出荷市場は前年比101.0%とプラス成長の見込

2017.01.16 18:44 更新

 矢野経済研究所は、国内スポーツアパレル市場の調査を実施した。その結果、2016年のスポーツアパレル国内出荷市場は、前年比101.0%とプラス成長の見込であることがわかった。

 同調査におけるスポーツアパレル市場とは、トレーニングウエア、ゴルフウエア、アウトドアウエア、ライフスタイルウエア、サッカー・フットサルウエア、野球・ソフトボールウエア、テニスウエア、陸上競技・ランニングウエア、スイムウエア、バスケットボールウエア、スキー・スノーボードウエア、フィットネスウエア、その他ウエアの13分野を指す。その他ウエアには、バレーボールウエア、柔道着、空手着、ラグビーウエア、マリンスーツ、卓球ウエア等が含まれる。


インターエデュ・ドットコム、子どもの受験期に母が行った食事での風邪予防、1位はヨーグルトに

2017.01.15 14:24 更新

 インターエデュ・ドットコムは、同社で運営しているWebサイトのユーザーに対し調査を実施した結果を発表した。 内容は「受験期の子どもの風邪予防のために、食事面で心がけたこと」。調査結果の1位となったのは「ヨーグルトなどの発酵食品」を摂取させることだった。

 同社は、Webサイトのユーザーに対し調査(調査期間2016年11月~12月・有効投票数327票)を実施。 「受験期の子どもの風邪予防のために、食事面で心がけたこと」についてアンケートで聞いた結果、「ヨーグルトなどの発酵食品をとらせた」が16.5%で第1位だった。続いて「果物などビタミンCがとれるものを多くした」で13.5%で第2位、以降はしょうがやはちみつを食事に取り入れるなど、食材選びに重点を置いた回答が目立った。


総合企画センター大阪、アンチエイジング化粧品市場について調査、2015年度は前年度比3.4%増の3205億円に

2017.01.14 14:53 更新

 マーケティングリサーチ会社の総合企画センター大阪は、アンチエイジング化粧品市場について調査、「2017年 アンチエイジング化粧品の市場分析調査」-ターゲットの細分化:“顔印象ケア”と“特定部位ケア”の深耕-を発表した。その結果、2015年度のアンチエイジング化粧品市場は、前年度比3.4%増の3205億円となった。市場拡大の要因としては、インバウンド需要によって、百貨店で展開するカウンセリング系ブランドを持つ企業の売上が好調に推移したことが挙げられる。同資料では、アンチエイジング化粧品の市場動向を主要企業、展開ブランド、種類(剤型)、価格帯等を分析し、参入各社の今後のマーケティング活動に資するデータとしている。

 2015年度のアンチエイジング化粧品市場は3205億円。前年度比3.4%増と好調に推移している。主な要因としては、安定した景気および訪日外国人によるインバウンド需要によって、P&Gやアルビオンなど百貨店で展開するカウンセリング系ブランドを持つ企業を中心に売上を伸ばしたことが挙げられる。


矢野経済研究所、エステティックサロン市場に関する調査(2016年)、市場規模は前年度比100.3%の3572億円の見込に
2017.01.11 10:04 更新
矢野経済研究所、コメビジネス・米飯市場に関する調査(2016年)、2016年度の米飯市場は前年度比102.1%の2兆4203億円の見込
2017.01.05 17:30 更新
セコム、20代以上の男女を対象の「日本人の不安に関する意識調査」、「最近不安を感じている」人は7割を上回る結果に
2017.01.05 11:38 更新
ドゥ・ハウス、「炭酸水・スパークリングウォーター」に関する調査、食事に合わせたりアルコール代わりなど様々な場面で飲用
2016.12.30 10:49 更新
富士経済、冷凍調理済食品・チルド調理済食品・アルコール飲料の国内市場調査、多種多様な志向に対応した商品の育成が進む
2016.12.26 19:45 更新
オールコネクト、人とのつながりに関する調査、普段使用しているコミュニケーションツールは「電話」「メール」「LINE」がトップ3に
2016.12.26 18:32 更新
シード・プランニング、「国内の高齢者/病者用食品市場規模」調査、高齢者用食品市場は2015年で約1170億円の規模に
2016.12.22 19:23 更新
総合企画センター大阪、抗炎症薬市場について調査、2015年度の日・米・欧3極における市場規模は前年度比19.7%増の5兆3747億円に
2016.12.19 15:15 更新
富士経済、コスメタリースキンケア用品などの国内市場の調査、2016年のヘルスケア分野の国内市場は797億円の見込
2016.12.14 15:32 更新
総合企画センター大阪、介護における低栄養の実態と食品ニーズについて消費者調査、介護における低栄養問題の認知度は2013年から20ポイント以上アップ
2016.12.14 11:44 更新
富士経済、整形外科領域・アレルギー疾患治療剤など医療用医薬品の国内市場調査、2024年市場予測では骨粗鬆症治療剤が3745億円に
2016.12.14 11:23 更新
オープンテーブル、国内外における「海外旅行と外食に関する調査」、世界では約3人に1人が「年に4回以上」海外へ
2016.12.12 18:49 更新
総合企画センター大阪、OTC医薬品市場について調査、2015年度はインバウンド需要の増加により前年度比5.2%増の9500億円に
2016.12.06 15:11 更新
GfKジャパン、家電量販店における暖房器具の販売動向、11月は前年を1割上回り「北海道・東北」地区と「関東・甲信越」地区は2割増に
2016.12.05 18:09 更新
総合企画センター大阪、日本におけるハラール食品市場について調査、2015年度は前年比20.3%増の640億円と拡大
2016.12.01 20:25 更新
ドゥ・ハウス、「1都3県の女性の地方名品購入実態」に関する調査、地方名産品を購入したことがある人は8割近くに
2016.12.01 10:10 更新
矢野経済研究所、飲料市場に関する調査(2016年)、2015年度は微増に転じ2016年度も好調を維持し5兆円規模の回復を予測
2016.11.30 12:03 更新
矢野経済研究所、トイレタリー市場に関する調査(2016年)、2015年度は前年度比103.3%の1兆8374億6900万円に
2016.11.25 17:18 更新
総合企画センター大阪、既婚女性における夕食の実態と惣菜利用ニーズについて調査、8割の女性は「献立決め」や「調理」にストレスを
2016.11.22 19:54 更新
矢野経済研究所、食品通販市場に関する調査(2016年)結果、2015年度は3兆3768億円で前年度比106.3%で順調に拡大
2016.11.17 10:03 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ