美容・化粧品

資生堂、安藤サクラさんをベネフィーク新ミューズに起用、「ベネフィーク リセットクリア」の包み込まれる感覚を大絶賛

2020.09.17 10:20 更新

 資生堂は、女優の安藤サクラさんがベネフィークの新ミューズに就任したことを記念して、9月15日にオンライン発表会を開催した。発表会では、安藤サクラさんが、「浄化するスキンケアの大切さ」やクリアな美しさの秘訣、日々の前向きになるための方法などについて語ってくれた。

 今回のオンライン発表会は、ベネフィークが提唱する究極のクリアな肌・素の美しさ=“生命力(POWER)”を表現するために、リアルタイムCG合成撮影システムを演出に活用。朝日が差し込み、自然界の“生命力”を感じることのできる幻想的なステージ上には、ベネフィーク リセットクリア<ふきとり化粧液> のボトルをCG合成で表現した。

 新ミューズに就任した安藤さんは、「資生堂の華やかな感じとは遠いところにいるような気がしていたので、意外に思った。また、みんなも意外に思ったのでは」と、ベネフィークの新ミューズに起用されるとは思っていなかったとのこと。「今では、ベネフィークの魅力を、自分らしい生活の中における美容として伝えていきたい」と、決意をもってベネフィークをアピールしていくと意気込む。「ベネフィークは歴史が長いブランドで、多くの人に愛用されていると思う。だからこそ、愛用されている先輩にはついていく気持ちと、まだ使ったことのない人に対しては、改めて魅力を伝えていけたらと思う」と、ベネフィークユーザーに支えてもらいながらも、新ミューズとしてしっかり魅力を伝えていくと話していた。

 「ベネフィーク リセットクリア」については、「コロナの自粛期間にスキンケアに取り組んだ。どちらかというと、化粧品ではなく、泥が付いている時間の方が多い。そんな自分の肌をリセットクリアは、“浄化”してくれる。つまり、必要ないものを落として、うるおいも与えてくれる点が気に入っている」と、落とすだけではなくプラスαの要素がある点に魅力を感じていると語る。「心がちょっともやっとしていても、そのもやもやをふき取って、優しさを与えてくれるという、抱きしめられているかのような気持ちになる」と、内面をも浄化してくれる商品だと述べていた。

 普段のスキンケアと美の秘訣について安藤さんは、「スキンケアとは、特別な付き合いというよりも、朝水を飲むのと同じように付き合っていく感覚。自分の肌とじっくり向き合い、きちんと肌に触れることが大切だと思った」と、自分の肌と向き合うことが自分らしい美容なのだと説明していた。

 ベネフィークのテーマは「人生の変節点で戸惑う女性たちを、肌から応援する」とのこと。では、安藤さんの人生の変節点は何なのだろうか。「作品との出会い、役との出会い、それによって新しい自分になることがある。あとは、家族の形が変わった時が大きい変化、変節点になっていると思う。ネガティブなものでも順応して、受け入れていくことも大事だと思う」と、人生の変節点は多いと語る。ミューズとして届けたいメッセージとして、「実際触れあってなくても些細なことで支え合えることはあると思う。ソーシャルディスタンスが求められる世の中で、触れ合っていたい、温もりがほしいと思うところだが、実際の距離じゃなくても温もりを感じられることもある。土に触ったり、木に登ったり、裸足になったり、全部忘れて、窓の隙間から広い景色を見たりすることがおススメ。ベネフィークは、年齢を問わず使用できるというのが、魅力だと思う。みんなに合うスキンケアが見つかり、いろんな世代がつながるというのは、温もりを共有している気持ちになる」とコメントしていた。

 「ベネフィーク リセットクリア」は、洗顔後、放っておくとサビのように残る 皮脂や古い角層を浄化してくれるとのこと。次に使うスキンケアの浸透感がよい肌に整える、ふきとり化粧液となっている。

[小売価格]3800円(税別)

資生堂=https://www.shiseido.co.jp/


このページの先頭へ