美容・化粧品

ロート製薬、界面活性剤フリーで99%美容液の「アウナマイルドホットクレンジングジェル」を発売

2020.09.02 14:48 更新

 ロート製薬は、「99%美容液(うるおい成分)でメイクを落とす」をコンセプトに、日本初(全顔用メイク落とし用途のホットクレンジングにおいて、界面活性剤を配合していない製品。(Mintel社製品データベース内 8月ロート製薬調べ))の界面活性剤フリー、99%美容液(うるおい成分)ホットクレンジング「Auna(アウナ)マイルドホットクレンジングジェル」を、9月23日からロート通販オンラインショップや楽天市場をはじめとするECサイトで発売する。

 同品は、「界面活性剤を使わず、美容液成分(うるおい成分)(美容液成分(うるおい成分):水添ポリイソブテン、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2)がメイクを浮かせて落とす」、という日本初の製剤開発をスタートし、メイク落ちと毛穴ケア(洗浄によって汚れを落とす)、肌へのやさしさを考えた処方設計の両立を実現。敏感肌(敏感肌パッチテスト済み。 敏感肌の人に協力してもらい、肌への刺激性を確認している。すべての人に刺激がおこらないというわけではない)、乾燥肌など様々なお客様の肌質にも合うよう、防腐剤フリーをはじめとした9つの無添加(9つの無添加:防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)、界面活性剤、香料、着色料、鉱物油、アルコール、紫外線吸収剤、シリコン、サルフェート を配合していないことを指す)にもこだわった。

 ロート製薬はスキンケアを手掛けて50年以上になる。今のクレンジングには洗浄力(毛穴、角栓詰まり)だけでなく、肌への優しさも求められているので、こういった消費者に対して、これまで培ってきたスキンケアのノウハウを活かしたいと考え、肌への優しさを考えたスキンケア発想のクレンジング剤の開発を進めてきた。

 現在、新型コロナウイルスの影響で、マスク着用による肌荒れ(肌荒れを防ぐ)や毛穴汚れなどの悩みは加速している。またECサイトでの購入が広がっている今だからこそ、1人でも多くの消費者に買いやすく届けたいと考えて、新たなECブランド「Auna」からホットクレンジングジェルを発売するに至った。

 新ブランド「Auna」名前の由来は、様々な肌質のお客様が「自分の肌に合うな」と感じた時の喜びや嬉しさを表現したいと考え「Auna(アウナ)」というブランド名をつけた。将来の美しさまで考えた美肌ブランドとなっている。

 「アウナマイルドホットクレンジングジェル」は、界面活性剤を使わず、99%美容液(うるおい成分)でメイクを落とし、毛穴・角栓詰まりもきれい(洗浄によって汚れを落とす)にする温感タイプのクレンジングジェルとのこと。防腐剤をはじめとする9つの無添加を実現し、肌へのやさしさを考えた。

 製剤における界面活性剤を使わないことによる洗浄水の環境配慮とともに、FSC紙およびバイオマスインク採用のエコ販促物を開発した。既存の緩衝材を廃止し、緩衝材兼ブランドブック開発でゴミを極力減らすなど、自然に寄り添う取り組みを目指している。

[小売価格]3200円(税別)
[発売日]9月23日(水)

ロート製薬=https://www.rohto.co.jp/


このページの先頭へ