美容・化粧品

ユースキン製薬、ひび・あかぎれ・しもやけに効くビタミン系クリーム「ユースキン」をリニューアル、敏感肌向けシリーズ「ユースキン S」も「ユースキン シソラ」へ刷新

2020.07.20 19:47 更新

 ユースキン製薬は、ひび・あかぎれ・しもやけに効くビタミン系クリーム「ユースキンA」(指定医薬部外品)をブランドリニューアルし、創業当時のブランド名「ユースキン」として、9月1日から、全国の薬局・ドラッグストアで販売する。また、うるおい成分「しその葉エキス」配合の敏感肌スキンケアブランド「ユースキン S」を、「ユースキン シソラ」へとネーミングを変更し、同日から発売する。7月20日に行われたリブランディング発表会では、リニューアルした「ユースキン」の特徴や、ハンドクリームの正しい使い方および敏感肌としその葉エキスについて説明した。また、野村皮膚科医院 院長の野村有子先生による「敏感肌のための、スキンケア新メソッド」と題した講演も行われた。

 「当社の創業者である野渡良清が、創業前に経営していた薬局に、ベタつかず、手荒れを治せる薬を求めて女性が来店した。しかし薬局では、彼女が求める商品を提供することができなかった。この一人の女性の悩みは、多くの女性の悩みであるに違いないと考え、“あなたの肌のために”という想いを込めて開発したクリームが『ユースキン』である。この想いは今も、当社社員一人ひとりに受け継がれている」と、ユースキン製薬の野渡和義社長が挨拶。「誕生から37年が経過した『ユースキン』には、様々な意見が寄せられている。こうした声に耳を傾けた結果、デザインを変更すると共に、ブランド名も『ユースキンA』から『ユースキン』へとブランド誕生時の名称に戻すことにした」と、ブランド名およびデザイン等を変更することで、これからの時代にマッチした製品だという点をアピールしていくと意気込む。「高品質で長く愛される製品と情報を通じて、肌と心と社会に“うるおい”を提供する」と、製品を通じて、人々の肌を潤すことはもちろん、社会に貢献できる製品であり続けたいとアピールした。

 次に、ユースキン製薬 プロモーショングループの高嶋俊継氏が、「手荒れ対策におけるハンドクリームの正しい使い方についてレクチャーした。「皮膚には、角層と呼ばれるバリア機能が存在する。この角層にひびが入ることであかぎれになってしまう。このひび・あかぎれを治すビタミンE、dl-カンフル、グリチルリチン酸、グリセリンという4つの有効成分を配合したのが『ユースキン』となる」と、ひび・あかぎれについて解説。「『ユースキン』を手に塗る際に、手荒れがひどい箇所には多めに塗ってもらい、手のひら、手の甲はもちろん、指の間にまでまんべんなく塗ってほしい」と、正しいハンドケア方法について教えてくれた。「当社では、3年前からハンドケア方法の講習会を薬剤薬局で実施している」と、ハンドケアの啓蒙活動も行っているとアピールした。

 「一方、看護師は、手荒れで痛みを感じたり、沁みることによって、約9割が手洗いや消毒を躊躇している」と、消毒液をよく使う看護師たちは手荒れが起こりやすいのだと指摘する。「そこで、7病院50人の看護師にモニター調査を行った結果、使用後2週間で手荒れが改善した」と、消毒や手洗いで荒れた肌に潤いを取り戻してくれることがわかったという。「手指消毒の影響から、一般の人も手荒れが重症化してきている。そこで、家族で楽しくハンドケア方法を学べる動画を作成した」と、手荒れがひどくなる前に「ユースキン」を活用し、潤いのある手指で過ごしてほしいと訴えた。

 そして、野村皮膚科医院 院長の野村有子先生が、講演を行った。「今年は猛暑が予想され、夏に受ける肌ダメージが大きいと思われる。このため、本格的な乾燥シーズンがやってくると、例年に比べて肌トラブルが深刻になると予想される」と、今年は肌トラブルが多くなると指摘する。「肌トラブルを抱える人の多くは敏感肌であり、この敏感肌は外部刺激によるものがほとんどであるとされている」と、ハウスダストや紫外線、乾燥、汗、花粉などが影響していると力説する。「また、スキンケアで敏感肌になってしまう人も少なくない。だが、こうした人に対してスキンケアを変えるアドバイスは可能だ」と、スキンケアの方法を変えることで、敏感肌を抑えることができるのだと説明する。「スキンケアには、洗浄と保湿があるが、敏感肌の多くが洗い方と保湿に問題があることがわかっている」と、正しいスキンケアが敏感肌を改善する近道なのだと教えてくれた。

 では、どのようにスキンケアを行えばよいのだろうか。「敏感肌の人は、洗浄剤と保湿剤を正しく使えていない場合が多い。スキンケアでは顔のみならず、全身のあちらこちらが乾燥しがちだ。全身をくまなく洗う・保湿するケアが大切となる。そして、優しさや、十分な量を意識することも大切だ」と、全身の乾燥に気を配りながら、肌ケアを行う必要があるとのこと。「敏感肌の人、赤ちゃん、高齢者など、全世代の共通ケアとして、全身をくまなく洗う・保湿するスキンケアを取り入れてほしい。特に子どもの頃から正しいケアを学んで、ずっと健やかな肌でいてほしい」と、正しいスキンケアで潤いのある肌を目指してほしいと語っていた。

 「当社が行った調査によると、約5割の人が自分自身を敏感肌だと感じており、子どもを持つ親では、自分の子どもが敏感肌だという人は約7割に達した」と、ユースキン製薬 プロモーショングループの五嶋文乃氏が解説。「敏感肌だと感じる症状では、乾燥、かゆみの他に、ちょっとした刺激でビリビリするという回答も高かった。これは肌のバリア機能が低下したサインであるといえる」と、敏感肌と感じる症状について説明してくれた。

 「当社では、こうした敏感肌の人たちが、健やかな肌を手に入れてもらうために、『ユースキン シソラ』を展開している。『ユースキン シソラ』では、うるおい成分として『しその葉エキス』を配合。外部刺激に敏感な肌をやさしく保湿し、肌のバリア機能をサポートする」と、しその葉エキスの効用について紹介。

 「当社では、『ユースキン シソラ』をより良く使ってもらうために、やさしく洗って、うるおす10のステップケアを推奨している」と、「ユースキン シソラ」を使ったスキンケアで、外部刺激に敏感なピリピリ肌をやさしく保湿し、肌のバリア機能をサポートしてほしいとアピールした。

 最後に、ユースキン製薬 プロモーショングループの梶塚桃子氏が、マスク汗あれとスキンケアについて紹介した。「新型コロナウイルス感染症の影響で、日常的にマスクを着用しなければならない。だが、マスクを着用すると角層がふやけた状態になってしまい、マスクを外すと肌の水分が一気に汗となり肌表面に出てしまう。汗は角層を壊し、その壊れた箇所に外部刺激が加わると、かゆみや痛みなどを感じるようになる」と、マスクを日々着用することで、肌トラブルが起こりやすくなってしまうとのこと。「これを当社では、マスク汗あれと呼んでいる」と、マスク汗あれに気を付ける必要があると訴える。「汗あれを防ぐには、汗をこまめに拭き、清潔に保つ必要がある。清潔に保つ際の洗顔では、ゴシゴシ洗わないようにする。そして保湿が必要となる」と、マスク汗あれ防止のポイントを説明。

 「当社では、汗を拭きながら潤す『あせもシート』を展開している」と、汗をこまめに拭くアイテムとして「あせもシート」を活用してほしいとのこと。「肌の保湿には『あせもジェル』を活用してほしい」と、あせも予防アイテムで、マスク汗あれから肌を守ってほしいと話していた。

 ブランドリニューアルを行った「ユースキン」では、チューブ・ボトル・ポンプの3つのタイプはこれまでと変わらず、シーンに合わせた内容量の体系に変更し、さらに消費者の要望をもとに使いやすい工夫を施しているとのこと。チューブタイプは用途に合わせた2種類を新内容量で用意した。40gチューブは外出用、80gチューブは自宅用として使ってほしいという。キャップが取り外せて指が入れられて、最後までクリームを使い切ることができるという。ボトルタイプは、これまでと同じ120gとのこと。コロっと丸くなった容器は、手になじみやすい丸みのあるフォルムにすることで、プラスチック量も8%に削減することができた。また、キャップにほんの少し角度がついて、空けやすくなっている。ポンプタイプは、ワンプッシュで両手に適量の1gが出るように工夫を施した。コンパクトな180gになり、洗面台などに置きやすくなった。つけかえ用は素材がパウチに変わり、クリームが残りにくくなったという。

 「ユースキン シソラ」は、“やさしく洗って保湿する”ことを大切にしたスキンケアシリーズとのこと。透明石けん・ボディシャンプー・ローション・クリームの4品を展開、すべての製品にうるおい成分「しその葉エキス」を配合している。北海道の契約農家で栽培されたしその葉から抽出しているとのこと。この、しその葉エキスは外部刺激に敏感なピリピリ肌をやさしく保湿し、肌のバリア機能をサポートする。

 新ブランド「ユースキン シソラ」は、使いやすいチューブ・ボトル・ポンプの3つの形状で、シーンに合わせて使えるとのこと。「シソラ ローション 170mL ポンプ」は、簡単ワンプッシュでケアできて、専用つけかえパウチを交換するだけで繰り返し使える使用になっている。家族みんなで気軽に使えるという。

[小売価格]
ユースキン 40gチューブ:530円
ユースキン 40g チューブ ミッフィーデザイン:530円
ユースキン 80gチューブ:890円
ユースキン 120gボトル:1240円
ユースキン 180gポンプ:オープン価格
ユースキン 180gつけかえパウチ:オープン価格
ユースキン シソラ クリーム 38gチューブ:680円
ユースキン シソラ クリーム 110gボトル:1400円
ユースキン シソラ ローション 76mLチューブ:980円
ユースキン シソラ ローション 170mLポンプ:1450円
ユースキン シソラ ローション 170mLつけかえパウチ:1180円
ユースキン シソラ ソープ 90g:900円
ユースキン シソラ ボディシャンプー 500mL:1800円
(すべて税別)
[発売日]9月1日(火)

ユースキン=https://www.yuskin.co.jp/


このページの先頭へ