美容・化粧品

コーセー、薬用保湿美容液「ONE BY KOSE セラム ヴェール」をリニューアル発売

2020.06.17 18:00 更新

 コーセーは、同社独自の技術力を結集した高効能特化型ブランド「ONE BY KOSE(ワンバイコーセー)」の「薬用保湿美容液」(医薬部外品)をリニューアルし、「セラム ヴェール」(医薬部外品)(1品目4品種、限定品1品目1品種)として、全国のコーセー取扱い店において8月21日から発売する。

 2017年1月に発売した「薬用保湿美容液」は、日本で唯一、肌の水分保持能を改善する効果のある有効成分「ライスパワーNo.11(ライスパワーNo.11(米エキスNo.11))」を配合し、肌の「乾燥」を始めとするあらゆる肌悩みを持ったすべての人に向けた美容液となっている。高効能特化型ブランドの「ONE BY KOSE」がブランドデビューした際の1品目の商品で、売上No.1保湿美容液(インテージSRI 美容液市場(美白、エイジング関連訴求品除く)2017年1月~2020年2月累計販売金額実績)として、好評を博してきた。

 近年、現代人の生活シーンの多様化によって、肌を取り巻く環境も変化していることに加え、マスクを日常的に着用する機会も増加し、その摩擦や蒸れなどにより肌あれや乾燥などの悩みも多く見受けられる。今回発売する「セラム ヴェール」は、有効成分「ライスパワーNo.11」はそのままに、「イリス根エキス」、「チョウジエキス」(保湿)を新配合した。うるおいを保つ成分である「セラミド」の生成を促進し、肌の調子を整え、まるで肌がすき間のない均一な“ヴェール”に変わったかのような、うるおいが絶えまなく続くみずみずしい肌へと導く。肌あれ・あれ性にも効果的とのこと。また、「インナーブースト処方EX」を新たに採用、肌になじませた瞬間から、うるおいの効果感とともに、次に使う化粧水のうるおいも効果的に肌に届ける「薬用導入美容液」としてリニューアルする。

 無着色、弱酸性、アレルギーテスト済み、パッチテスト済み、スティンギング(皮膚刺激感)テスト済み、ノンコメドジェニックテスト済み(ニキビのもとになりにくい処方)(すべての人にアレルギーや皮膚刺激が起きない、刺激感がない、コメド(ニキビのもと)ができないいというわけではない)とのこと。香りは、既存品の心やすらぐグリーンフローラルの香りを踏襲した。

 “肌人生を原点から変える。”をキーワードに、商品のカラーは、既存のブルーからよりパワーを感じられるエナジーパープルへと刷新、外箱全体には、濃淡を感じられる抑揚のあるウェーブをデザインし、力強さと新しさを表現している。トライアルサイズを数量限定で発売することで新規顧客を開拓するとともに、新商品として引き続きラージサイズと付け替え用も同時に発売することで、顧客の定着を狙う考え。

 ライスパワーNo.11とは、医薬部外品の効能として唯一「皮膚の水分保持能の改善」という新しい効能が薬事法改正後初めて認められた有効成分とのこと。厳選した米を蒸した後、乳酸菌などを加えて発酵させ、90日間かけて熟成して抽出したエキスで、数十種のアミノ酸や糖類をバランスよく含有しており、同効能をもつ唯一の成分となっている。肌の角層に存在する「セラミド」は、年齢と共に生成量が減少し、環境によっても減少することが明らかになっているが、「ライスパワーNo.11」はこの「セラミド」の産生を促す効果があるという。

 「ONE BY KOSE」は、2017年1月に、コーセーの独自の技術力を結集した高効能特化型ブランドとして国内でデビューした。これまでに、薬用保湿美容液、薬用美白美容液「メラノショット ホワイト D」、薬用シワ改善クリーム「ザ リンクレス」、薬用皮脂分泌抑制化粧水「バランシング チューナー」を発売し、チャネルや年齢・性別の垣根を越えたグローバルブランドとして展開している。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]8月21日(金)

コーセー=https://maison.kose.co.jp/site/default.aspx


このページの先頭へ