美容・化粧品

資生堂、ウィズ原宿に美の体験・発信拠点となる美容施設「Beauty Square(資生堂ビューティ・スクエア)」をオープン

2020.06.19 17:15 更新

 資生堂は、原宿駅前の複合施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」1階に「Beauty Square(資生堂ビューティ・スクエア)」を6月18日からオープンした。

 同施設では、化粧品販売に加えて、デジタルを活用した体験型コンテンツやSABFA(サブファ)出身のヘアメイクアップアーティストが消費者をプロデュースするサロンを設置する。店舗でのリアル体験とデジタルコンテンツを融合させ、国内外の若年層を中心にビューティーの楽しさや新しい自分の魅力を発見・体験するスポットとして展開する。また、きゃりーぱみゅぱみゅさんをアンバサダーに起用し、「Beauty Diversity」をテーマに年間を通じて様々なビューティー企画も届ける予定となっている。

 大きなガラス張りの店舗は視認性に優れ、原宿を歩く人々が思わず足をとめて立ち寄りたくなる雰囲気を醸し出している。前面には、Dolce&Gabbana 、LAURA MERCIER、NARS といったプレステージブランドが並び、華やかな印象となっている。店内を見てみると、原宿を訪れた人が親しみを持ちやすいシンプルな仕様となっている。真っ白な壁と梁のトラス構造がむき出しの天井が開放的な空間を作り出している。フロアは Go-Live Zone(ゴーライブゾーン)、Brand Zone(ブランドゾーン)、Installation Zone(インスタレーションゾーン)、Salon Zone(サロンゾーン)の計 4 つのゾーンから構成される。

 ゴーライブゾーンは、ライブストリーミングや、WEB動画番組の公開収録が行われる情報発信ステーションとのこと。アーティストやビューティーコンサルタントが、美容のポイントやテクニック、アドバイスを配信する公開スタジオとなっている。また、有名インフルエンサーによるライブストリーミングも予定している。このライブゾーンは、原宿通りに面したガラス張りの公開スタジオになっており、通りを行き交う人も収録の様子を見ることができる。

 ブランドゾーンは、資生堂グループの多様な化粧品ブランドを取り揃えたショッピングゾーンとのこと。メイクアップやスキンケア、ヘアスタイリングアイテムなど、旬なアイテムがラインアップする。美のスペシャリストであるビューティーコンサルタントのカウンセリングによって、一人ひとりの美しさを実現する。当面の間は、消費者の肌へ触れる活動を自粛し、デジタルツールを活用したレクチャーや、レッスン形式でのカウンセリングを実施する。

 インスタレーションゾーンは、4m×4mの大型LEDビジョンや、フルカラーで上下に動くキネティックライトが設置され、東京の中心らしい光やデジタルアートをダイナミックに体験できるエンターテイメントスペースとなっている。ここでは2つのコンテンツが用意されている。1つは、バーチャルアバターコンテンツ(ZEPETO)。3Dアバターソーシャルアプリ「ZEPETO(ゼペット)」と連動したコンテンツとなっており、大画面でZEPETOを体験することができる。ZEPETOアバターとリアルの場で遊べるコラボレーションは、ここでしか体験できない日本初の取り組みとなっている。アプリで自分にそっくりなアバター(オリジナルキャラクター)をつくり、店頭で指定のコードを入れると大きなビジョンに自分のアバターを映し出すことができるとのこと。友達と一緒に撮影することもでき、店内で楽しめるコンテンツになっている。また、来店者限定できゃりーぱみゅぱみゅさんがキービジュアルでつけていたヘッドピースをZEPETOアプリ上で入手できる特典も用意されている。

 2つ目は、インタラクティブコンテンツ(人の動きや時間で光と映像が絶え間なく変化する幻想空間を自由に体験できるコンテンツ)。キネティックライトを使用しており、波のように動く照明はライブ会場のステージを彷彿とさせる。ライティングと映像のコラボレーションによって、幻想的な世界を楽しむことができる。これらの2つのコンテンツが、約1時間おきに交互に流れる。

 「ZEPETO(ゼペット)」は、簡単かつおしゃれに3Dアバターを作ることができるアプリとのこと。日本では1500万人超のユーザーを抱えている。ZEPETOでは、アバターにメイクアップやファッション等自分好みにカスタマイズし、バーチャル空間を起点とした様々な機能や新規コンテンツを積極的にローンチしており、ユーザーに日々新しい体験を提供している。

 ミレニアル世代の美的好奇心を刺激するビューティー関連グッズやファッションアイテムを期間限定で販売・紹介する。Beauty Square限定、原宿カルチャーを意識した品揃となっており、最大4つのポップアップショップが2週間単位で出店する。また、それぞれのポップアップブランドによるBeauty Square限定アイテムも販売される予定となっている。

 サロンゾーンでは、プロのヘアメイクアップアーティストが、1対1で消費者をプロデュース。消費者一人ひとりの髪質や顔立ちに応じた形で、パーソナライズされたメイクアップ&ヘアスタイリングの施術やレクチャーを行う。丸い鏡が据えられた8つの席があり、シルバーカラーのフェンスの仕切りやコスメワゴンが使われるなど、まるでスタジオのような原宿らしいカジュアルなインテリアが取り入れられている。

 メニューは、眉カット・ポイントレクチャーなどお試し感覚で体験できるメイクアップショートセッションコース(30分/1800円・初回限定価格)・クイックメニューの前髪カット(20分/1800円)・パーソナルカラー分析(30分/3500円)など様々な要望に応えられる形となっている。特にメインのメニューはお気に入りのアーティストとのフリーセッションでメイクやヘアカット、ヘアスタイリングを提案してくれるアーティストセッションコース(60分~120分/6000円~12000円)。こちらではメイクから自分に似合うカラー・ヘアスタイルまで美のアドバイスをトータルで行ってくれる。施術するメイクアップアーティストは、この建物の2階にある資生堂のヘアメイクアップアーティスト育成アカデミー「SABFA(サブファ)」卒業生で、席にある端末で消費者の顔立ち分析し、データを駆使してアドバイスする。またドレープを使った本格的なカラー分析も自分に合う色が発見できるメニューとなっている。

 さらに、セッションのメイクアップで使用するブランドは、ブランドゾーンにある様々なブランドのものが揃っているため自分にピッタリなアイテムを知れ、実際にメイクもしてもらえる。プロによって新たな自分の美を発見。ここでメイクやヘアセットをしてもらってそのまま出かけることも可能だ。当面の間は、マスクとフェイスシールドを着用して接客する。

[施設概要]
施設名:Beauty Square(資生堂ビューティ・スクエア)
オープン日:6月18日(木)
営業時間:11:00~20:00
※当面の間は時間短縮営業(11:00~19:00)
定休日:不定休
所在地:WITH HARAJUKU 1階(東京都渋谷区神宮前1-14-30)

資生堂=https://www.shiseido.co.jp/


このページの先頭へ