美容・化粧品

コーセー、スキンケアブランド「雪肌精」が誕生から35周年を迎えたのを機にリブランディングを実施、健康で透明感のある肌を目指す新シリーズ「雪肌精 クリアウェルネス」を発売

2020.06.26 20:01 更新

 コーセーは、同社を代表するスキンケアブランド「雪肌精」が5月に誕生35周年を迎えたことを機に、初めて全面的なリブランディングを実施する。同時に、今回のリブランディングを体現し、今後の「雪肌精」の中核を担う新シリーズとして「雪肌精 クリアウェルネス」(10品目10品種)と同シリーズの限定品(2品目2品種)を9月16日から発売する。6月26日にオンラインで行われた新シリーズ発表会では、今年で35周年を迎えた「雪肌精」のブランドの歩みと今後の展望について話すと共に、新シリーズ「雪肌精 クリアウェルネス」の概要について詳しく説明した。

 「100種の和漢植物を厳選した透明感レシピの研究によって1985年に誕生した『雪肌精』は、2012年から女優の新垣結衣さんをアンバサダーに迎え、健康で透明感のある肌を目指す女性に訴求してきた」と、コーセー コンシューマブランド事業部の鎌田昌人事業部長が挨拶。「日本国内のみならず、16の国と地域にも『雪肌精』を展開。『雪肌精化粧水』の累計販売本数は6150万本を突破した」と、多くの国の人々に支持されるブランドに成長したと胸を張る。「しかし、地球温暖化や水質汚染、SDGsの取組強化など環境問題に対してしっかりとした取り組みが求められる一方で、敏感肌市場の拡大や肌に優しいだけでなく、効能を求める消費者が台頭。生産した地域や都市がブランド化するなど安心安全に対する意識も高まっている。さらに新型コロナウイルス感染症の影響で、健康志向の向上や新しい生活様式の必要性にも迫られている」と、消費者のマインドが大きく変化していると指摘する。

 「そこで、誕生から35周年を迎えた『雪肌精』をリブランディングする。リブランディングでは、消費者に支持される新たな価値創出を行うべくコアバリューを設定する。また、これからの35年を見据えフレッシュな息吹を吹き込むべく、ロゴやブランドカラーを変更し、新シリーズも投入する。さらに、20代、30代の新規顧客には、ターゲットの肌質や嗜好を見つめた商品開発を行う他、キャラクター政策も実施する」と、リブランディングを行う目的について明確にした。

 次に、コーセー 研究所 皮膚・薬剤研究室 皮膚・薬剤グループの鈴木萌氏が、新しくなった「雪肌精」について説明した。「『雪肌精』は、透明感をいち早く打ち出したブランドであり、透明感について長年研究を重ねてきた。しかし、透明感に関して明確化するには至っていない」と、透明感についてしっかりとした説明がこれまでできていなかったと説明する。「そこで、当社では透明感について今一度考えた結果、生化学的アプローチが可能な物理的なものでなく、印象的なことを表現するものとして透明感が使われていることに気づき、これまでとは全く異なるアプローチで透明感と向き合った」と、透明感に対する一つの解を導き出す手がかりを掴んだという。

 「当社では、透明感の印象スコアと肌に係る因子にどれほど相関があるのかを統計学的手法を用いて解析。その結果、透明感=A1(彩度)+A2(色相角度)-A3(キメ等方性)+定数項という方程式を確立した」と、透明度を数値化する考え方を編み出したのだとか。「この方程式によると、キメが多方面を向いていると透明感が高いことがわかったため、キメ表面構造の美しさのためのバリア機能強化を目指した」と、数値化によって新たな開発の方向性を見出すことができたのだと力説する。「そして、透明感のため、バリア機能を強化する美容成分を探索した結果、うるおいバリアの量と質を上げる独自成分『ITOWA(イトワ)』を開発した」と、日本の大自然から生まれた成分を導き出すことで、透明感が高いキメの美しい肌を目指すことができるのだと説明した。

 そして、コーセー コンシューマーブランド事業部 雪肌精企画課の鴇崎舞プロダクトマネージャーが新製品について詳しく紹介した。「『雪肌精クリアウェルネス』では、健やかで透明感を求めるすべての人をターゲットとし、嗜好に合わせた2つのタイプを用意した」と、独自成分イトワを配合し、雪肌精フリー基準をクリアした品質設計でうるおいバリアの量と質を上げ、健やかで透明感のある肌に導く商品になっているとのこと。「ボトルデザインは、地球が作り出した自然に滴る雫を表現した」と、ボトルを上から見ると雫の形になっているという。

 「サスティナブルにも対応するべく、バイオマスPETを採用しCO2削減を目指す。外装は段ボール素材を使用した。また、バイオマスインキを採用。容器ロゴはエンボス対応となっており、取扱い説明書もデジタル化する」と、環境に優しい素材を採用することで、地球環境の維持に貢献していくと訴えた。

 次に新商品の2つのタイプの特性について説明した。「効能タイプの化粧水『雪肌精クリアウェルネス ナチュラルドリップ』は、独自成分イトワとクラリティブースト成分を配合した。これによってバイオ由来のまろやかなローションに仕上がった」と、肌あたりまろやかで心地よく、吸い込まれるように浸透していく製品とのこと。「事前に『ナチュラルドリップ』を試してみてもらったところ、透明感がとても出るや、感触がくせになる。潤いの実感がある。このトロミと浸透感が忙しい毎日の手入れ時間を豊かにしてくれる--といった声が寄せられた」と、好評を得たと話していた。

 「『ナチュラルドリップ』に配合したクラリティブースト成分とは、透明感のある印象をさらに加速させてくれる成分で、くすみ・肌あれの要因となる酸化物質を抑制してくれる」と、透明度をさらに実感してもらえる成分も配合しているとアピールした。

 「『雪肌精クリアウェルネス ピュアコンク』は、イトワを配合。低刺激性のピュアな透明ローションとなっている」と、繊細な肌にも、いたわりを感じるしっとり、やさしいピュアなタッチで吸い込まれるように浸透する製品とのこと。「香りは、自然の息吹を感じさせる、透明感のある香りとなっている」と、雪肌精の持つオーセンティックなフローラルなパーツに、ハーブを加えることで安らぎを付加し、自然からもらっためぐみにインスパイアされた香りであると教えてくれた。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]9月16日(水)

コーセー=https://maison.kose.co.jp/site/default.aspx


このページの先頭へ