美容・化粧品

ネイチャーラボ、植物幹細胞由来成分を使用したヘアケアシリーズ「NatureLab. TOKYO」を発売

2020.04.06 18:31 更新

 ネイチャーラボは、植物幹細胞由来成分を使用したヘアケアシリーズ「NatureLab. TOKYO(ネイチャーラボ トーキョー)」を、4月24日から発売する。

 ネイチャーラボ トーキョーは、ヘアケア大国であるアメリカと美髪大国である日本との共同開発で、2017年にアメリカで誕生したプレミアムなヘアケアシリーズとのこと。最先端の研究によって発見されたリンゴ、アルガンの“植物幹細胞”由来成分を機能別に配合した。 髪と頭皮の両面に着目し、一度でパーフェクトな仕上がりの髪を目指す。

 「Nature is Perfect, Science is Beautiful 」というコンセプトのもと、自然と科学の融合によって生まれたネイチャーラボ トーキョー。これまでの経験に基づき、品質の高い自然由来のヘアケア成分を世界中から厳選し、さらに革新的なスキンケアで応用されてきた植物幹細胞由来成分を活用することで、消費者に新しいヘアケア体験を提供するという。

 人間の皮膚は紫外線などのダメージを受け、乾燥しやすくなるとのこと。失った潤いを補い保ち、ケアすることが美しい髪を保つのには欠かせない。何百年もの間、さまざまな環境の変化にも耐え、成長と再生を繰り返す植物の強靭な生命。ネイチャーラボ トーキョーには、そのような植物のパワーの源である植物幹細胞を、独自のフィトセルティック技術(希少な植物の一部から無菌状態でピュアな細胞のみを培養した「カルス」と呼ばれる細胞塊からのエキスを、環境に負荷をかけることなく、安定して供給することを可能にした技術)によって培養した成分を使用している。頭皮の潤いを保ち、美しさあふれる髪へと導く。

 ネイチャーラボ トーキョーは、製造に伴い自然に負荷をかけることなく、半永久的に培養可能な植物幹細胞を使用しているとのこと。また、動物実験を行っておらず、動物由来成分も不使用。環境にダメージを与えるサルフェート、パラベン、フタル酸エステルなどの化学物質も使用していないという。最先端の科学技術の結晶によって、環境にもやさしい、サスティナブルでクルエルティフリーなこだわりの商品が生まれた。

 ネイチャーラボ トーキョーは、2017年にアメリカで発売して以来、権威ある3つの賞を受賞し、機能面だけでなくデザイン面においても、アメリカのヘアケア市場において大きな注目を集めてきた。特に、パーフェクトスムース シャンプーとコンディショナーは発売初年度に、認知度の高い美容専門誌「allure(アリュール)」のベスト・オブ・ビューティーアワードにおいて、ヘアケア部門の最高賞を受賞している。

 「パーフェクトボリュームシリーズ」は、ペタっとした髪、細い髪にもハリ、コシを与えてボリューム感のある仕上がりとのこと。保湿、ダメージケア、そして切れ毛を防ぎ美しい髪色をキープする。日本のサクラに着想を得た、女性らしくフェミニンなフローラルアロマの香りとなっている。

 「パーフェクトスムースシリーズ」は、乾燥したうねり毛に滑らかさを与える。 ユズセラミドと希少なオイルがしっかりと洗い上げ、 髪を扱いやすくする。剥きたてのユズの香りに着想を得た、温かみのあるフレッシュな香りとのこと。

[小売価格]各1980円(税別)
[発売日]4月24日(金)

ネイチャーラボ トーキョー=https://naturelabtokyo.jp


このページの先頭へ