美容・化粧品

ECホールディングス、「asiam」から天然成分100%のデリケートゾーン用石鹸「プレミアムジャムウ ボタニカルハーバルソープ」を発売

2020.04.06 18:19 更新

 ECホールディングスは、女性の悩みにまっすぐ向き合うブランド「asiam(アシアム)」から、天然素材100%ジャムウ製法による新しいデリケートゾーン用石鹸「プレミアムジャムウ ボタニカルハーバルソープ」を4月6日に発売する。

 「プレミアムジャムウ ボタニカルハーバルソープ」はデリケートゾーン用に作られた天然成分100%の石鹸とのこと。ニオイやかゆみ、黒ずみなどのデリケートな悩みを少しでも解決したいとの想いから生まれた石鹸となっている。たっぷりの泡で優しく洗い上げ、健やかな日々のサポートをする。また、添加物を一切使用していないため、成分本来の力で悩みを解決に導く。

 「プレミアムジャムウ ボタニカルハーバルソープ」は5種類のハーブでできているとのこと。ハーブの種類は多くないが、1つ1つの厳選された成分がしっかりと悩みにアプローチする。

 カミレツ油(カモミールのエキス)は、ハーブティーとしても親しまれているカモミールのエキス。肌をしっかり保湿し、乾燥からまもる。また、消炎作用や抗菌作用、血行促進作用の効果も期待できる。皮膚の炎症を抑え、代謝を促進してくれる作用があるという。

 アロエベラエキスは、肌の組織を回復させて、再生させる効果が高い成分とのこと。細胞の生まれ変りをサポートし、皮膚のコンディションを整える。

 オタネニンジンエキスは、古くから薬用として重宝されてきた。代謝促進作用や血行促進作用があるので肌荒れを防ぐ。また保湿・抗炎効果もあるためみずみずしい肌へ導く。

 天草エキスは、肌の油分と水分のバランスを整え、みずみずしい肌へ導くとのこと。天草エキスに含まれるグリチルリチンには優れた抗炎症作用があるため肌トラブルやニキビから肌を守る。

 ヤシ油は、ココナッツから採取された植物オイル。肌を乾燥から守り、潤いの膜を作る。

 「プレミアムジャムウ ボタニカルハーバルソープ」はインドネシアで製造をしている。インドネシアに古くから伝わるジャムウ製法を採用し、すべて手作りで製造。そのため、1日に限られた個数しか生産できない、貴重な石鹸となっている。

 同品は、デリケートな部分以外にも、全身に使えるとのこと。足の指の間や足の裏など、ニオイや汚れが気になる箇所やひじやひざ、バストトップの黒ずみなどに使用することができる。より変化を感じてもらうには「3分泡パック」をオススメしているとのこと。泡立てネットで作った泡を気になる箇所に3分置いて洗い流してほしいとのこと。そうすることで成分が気になる箇所にしっかりアプローチする。健やかな肌へ導くという。

[小売価格]2709円(税別)
[発売日]4月16日(木)

ECホールディングス=https://www.echoldings.co.jp


このページの先頭へ