美容・化粧品

ロート製薬、浅いシワ・深いシワを改善する高保湿クリーム「50の恵 薬用リンクルクリーム」を発売

2020.03.06 19:31 更新

 ロート製薬は、年齢を重ねるとともに増える肌や髪の悩みに応えるエイジングケアブランド(年齢に応じた手入れ)「50の恵」から、抗シワ効能(シワを改善する)を取得した、おでこ・眉間・目元・口元などの顔中のあらゆる部位の浅いシワ・深いシワ(抗シワ機能評価試験ガイドラインに基づくグレード3(明らかな浅いシワ)~5(やや深いシワ)のシワを指す)を改善する高保湿クリーム「50の恵 薬用リンクルクリーム」を3月14日から全国のドラッグストアで発売する。薬用有効成分「ナイアシンアミド」がシワを改善。さらにロート製薬オリジナル成分「コラプラス 」(大豆たん白加水分解物(2)(うるおい成分))も配合。肌にうるおいをたっぷり与える。年齢とともに増える肌悩みに応えながらも、できるだけ手軽に、健やかな肌を保てるように。「50の恵」は前向きで元気な50代からの女性のイキイキを応援していく考え。

 40~60代女性を対象とした同社調査(N=1948 40~60代女性「スキンケアに関する調査」 ロート調べ(2019年9月))では、「シワ」に関する肌悩みは50代後半を境に深刻化し、50~60代女性にとって「シミ」悩みと並ぶ2大悩みの一つとなっている。(「シワがある、目立つ(ほうれい線含む)」ことに悩んでいると回答した割合:45~49歳:35.0%、50~54歳:38.6%、55~59歳:46.6%、60~64歳:50.2%)また同社インタビュー調査(N=10 40~60代女性「スキンケアに関するインタビュー調査」 ロート調べ(2019年5月))では、「40代の頃から気になっていた目元・口元のシワは、さらに年齢とともに深くなる」、「年齢印象に直結する“おでこ・眉間のしわ”まで悩んでいる」という声もあるという。目元・口元だけでなく、おでこ・眉間のシワにも悩む人は50代の半数以上(N=826 40~70代女性「スキンケアに関する調査」 ロート調べ(2019年9月))と、「顔中の様々な部位のしわ」をケアしたいというニーズが見えてきた。

 同品は、おでこ・眉間・目元・口元など顔中のあらゆる部位の浅いシワ・深いシワを改善する高保湿クリームとのこと。薬用有効成分ナイアシンアミドを配合。表皮にハリとうるおいを与え、真皮でコラーゲンの生成を促進することでシワを改善する。50種類の「養潤」成分(うるおい成分)も配合した。ロート製薬独自成分「コラプラス」、3種のコラーゲン(加水分解コラーゲン(コラーゲン・トリペプチド F)、水溶性コラーゲン液、サクシニルアテロコラーゲン液)となっている。浸透(角質層まで)ジェルクリームが肌なじみの良いジェルクリームなので、乾燥箇所にスーッと浸みこむように浸透し、肌にしっかり潤いを届ける。バイタルローズの香りとなっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月14日(土)

ロート製薬=https://www.rohto.co.jp/


このページの先頭へ