美容・化粧品

資生堂、「エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク C」を発売

2020.02.18 14:10 更新

 資生堂は、「エリクシール」のファースト エイジングケア(ファースト エイジングケアとは、今からはじめる年齢に応じたうるおいケア)シリーズから、「エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク C」(全1品目1品種)を4月21日に発売する。

 20代後半~30代前半女性の5割以上(2019年3月資生堂調べ25-34歳女性n=476)が「週に2日以上、ファンデーションなしで外出する」ことに着目。ファンデーションなしの日でも肌悩みを気にせず過ごしせるよう、気になるテカリ・くすみ・色むらを自然にカバーしながら、毛穴の目立たない「つや玉」のある肌に導く朝用乳液「エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク C」を発売する。

 2018年3月の発売以来、売上150万本(エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク 2018年3月~2019年12月までのメーカー累計出荷実績)を突破した朝用乳液「エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク」に、ファンデーションなしで過ごしたい日に適したカバータイプを発売する。おしろい効果で、日中のテカリ・毛穴を自然にカバーしながら、透明感をアップさせるとのこと。スキンバランス処方によって、皮脂と水分のバランスを整え、うるおって毛穴の目立たない肌へ導く。

 プロモーションモデルは、引き続き、吉岡里帆さんを起用。4月下旬から順次、WEBプロモーションを展開する。販売チャネルは、ドラッグストア・GMS・化粧品専門店など約7500店とのこと。あわせて、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」などのECサイトでも販売する。

 「エリクシール ルフレ」は、毛穴の目立ちなど肌の変化に気付き始めている20代~30代前半女性に向けて、ファースト エイジングケアを提唱し、2017年7月に誕生した。うるおいを与えて皮脂と水分のバランスを整え、うるおって毛穴の目立たないすこやかな肌を保ち、未来のきれいにつなげる。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]4月21日(火)

資生堂=https://www.shiseido.co.jp/


このページの先頭へ