美容・化粧品

カネボウ化粧品、スキンケアブランド「suisai」を洗顔ブランドへ刷新しクレンジング料と洗顔料5品目5品種を発売

2020.01.17 11:21 更新

 カネボウ化粧品は、3月1日から、スキンケアブランド「suisai(スイサイ)」を洗顔に特化したブランドへと刷新し、クレンジング料と洗顔料を発売する(5品目5品種)。メイクを楽しむ20代女性に向け洗顔の大切さを訴求し、高付加価値洗顔ブランドとしての存在感を確立していく考え。

 suisaiは、2005年に誕生したスキンケアブランドとのこと。酵素洗顔料「スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュ」が、毛穴の黒ずみ汚れまできれいにする商品として20代女性を中心に好評で、現在、ブランドを代表するアイテムとなっている。

 昨今、クレンジング料・洗顔料市場は拡大傾向にあるという(同社調べ)。伸長しているのは1000円以上の価格帯で、毛穴汚れに特化したものなど機能性を重視した高付加価値商品が人気だとか。こうした市場状況を背景に、カネボウ化粧品は、“洗顔”を明日へのきれいにつながる大切な行為と捉え、スキンケアブランドとして展開してきたsuisaiを、強みの洗顔に特化したブランドへと刷新。メイクを楽しむ20代女性に向けて洗うことの大切さを訴求していくという。

 今回発売する商品は、クレンジング料2種と洗顔料2種の全4種とのこと。すべてに、アイテムごとに適した毛穴汚れ・角栓除去成分(洗浄成分)と、アクアモイスチャー成分(保湿)を配合。肌のうるおいを守りながら汚れを落とし、透明感のある肌へと整える。

 ブランドのイメージキャラクターには、透明感のある肌が印象的なモデル・女優の紺野彩夏さんを起用。新ブランドメッセージを「Reboot me,now.~明日の私を変えてみせる~」とし、デジタルと店頭を連動させ、20代女性に向けて強く発信していくという。

 「スイサイ ビューティクリア シェイククレンジング」は、汚れを瞬時に落とす二層タイプのふき取りクレンジングとのこと。油性のメイク汚れや角栓にアプローチするオイル層と、水溶性の汚れにアプローチしながらうるおいを守るローション層の二層処方。振って二層を混ぜて使うことで、化粧水のようなうるおい感を残しながら、メイクや毛穴汚れをしっかり落とす。洗い流しとその後の洗顔が不要だとか。朝のふき取り洗顔としても使える。

 「スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュN」は、うるおいを守りながら毛穴の黒ずみ汚れや角栓、ザラつきを取り去るパウダータイプの酵素洗顔料となっている。2つの酵素&アミノ酸系洗浄成分(タンパク分解酵素(プロテアーゼ)、皮脂分解酵素(リパーゼ)、アミノ酸系洗浄成分(ラウロイルグルタミン酸Na、ミリストイルグルタミン酸Na))配合で、洗うたび透明感のあるつるつるすべすべな素肌へと導く。洗顔1回分が1カプセルに入った個包装タイプとなっている。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]3月1日(日)

カネボウ化粧品=https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/


このページの先頭へ